Aランクレベルアップメニューのアイコン
リバーシの操作(縦横) (paizaランク C 相当)

問題にチャレンジして、ユーザー同士で解答を教え合ったり、コードを公開してみよう!

問題

下記の問題をプログラミングしてみよう!

盤面の行数 H , 列数 W と盤面の情報 S_i , 石を置くマスの座標 Y , X が与えられます。
現在プレイヤーの石が置かれているマスは '*' になっており、何も置かれていないマスは '.' になっています。

プレイヤーは次の操作を 1 回だけおこないます。

・ 盤面の ( Y , X ) に石を置き、縦横に自分の石ではさんだマスの間に自分の石をおく。
・ 新たに置いた石によってさらに石が置けるようになった場合でもその時点で操作を終える。

この操作を終えた後の盤面を出力してください。

なお、マスの座標系は左上端のマスの座標を ( y , x ) = ( 0 , 0 ) とし、
下方向が y 座標の正の向き、右方向が x 座標の正の向きとします。

例として、図 1 のような盤面のとき赤いマスに石を置くと図 2 のようになります。



図1

図2

入力される値

H W Y X     
S_0
...
S_(H-1)


・ 1行目では、盤面の行数 H , 列数 W , 石を置くマスの y , x 座標 である Y , X が与えられます。
・ 続く H 行のうち i 行目 (0 ≦ i < H) には、盤面の i 行目の文字をまとめた文字列 S_i が与えられ、S_i の j 文字目は、盤面の i 行目の j 列目に書かれている文字を表します。


入力値最終行の末尾に改行が1つ入ります。
文字列は標準入力から渡されます。 標準入力からの値取得方法はこちらをご確認ください
期待する出力

H 行での出力

・ 操作後の盤面を H 行で出力してください。

T_0
...
T_(H-1)

条件

すべてのテストケースにおいて、以下の条件をみたします。

・ 1 ≦ H, W ≦ 20
・ 0 ≦ Y < H, 0 ≦ X < W
・ S は W 文字の文字列
・ S の各文字は '.' または '*'
・ S[ Y ][ X ] = '.'

入力例1

3 3 0 0
..*
...
***

出力例1

***
*..
***

入力例2

10 10 5 5
.*.******.
..........
**********
..........
..........
..........
*.*.*.*.*.
..........
..........
.........*

出力例2

.*.******.
..........
**********
.....*....
.....*....
.....*....
*.*.*.*.*.
..........
..........
.........*

問題一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る