paiza > paiza新卒 ESで落ちないコーディング就活 エントリーシートで落ちないコーディング就活サイトpaiza新卒

ESで落ちないコーディング就活

paiza新卒は、エントリーシートの代わりにpaizaが用意したプログラミング問題を解くことで、書類選考なしで面談へ進める就職支援サービスです!!

paiza新卒を試してみる(無料)

SHARE
そんなエンジニアを目指す就活生に!
paizaは、技術力(プログラミングスキル)重視だから、“書類選考”をなくしました。
書類選考なしで面談へ進める
書いたコードで自己PR
Skype面談や就活支援金で遠方でも安心
paizaは、エントリーシートの代わりにpaizaが用意したプログラミング問題を解くことで、書類選考なしで面談へ進める就職支援サービスです!!
STEP1 登録 STEP2 プログラミングスキルチェック STEP3 paizaランク通知 STEP4 応募 STEP5
そんなエンジニアに!
企業採用担当者の声
プログラミングで勝負したい人ウェルカムです!

応募者の技術力が担保されている点がpaizaの最大の魅力だと考えています。最低限の技術力はエンジニアに欠かせない条件ですが、paizaからの応募者はスキルチェックをクリアしていることもあり優秀な学生ばかりで、満足度が高かったです。

「エントリーシートなし」での面談を最初に依頼された時はとても戸惑いました。しかし実際に会ってみると、むしろ「書類選考なしだったからこそ、この学生さんに出会えたんだろうな」という人もいました。「ものづくりやプログラミングだったら表現できるけれども、言葉で表現することは苦手」というような。そういう人は他の会社では落ちてしまうかもしれないですが、コロプラではむしろウェルカム!です。面接は不器用であっても、人柄が良くて素直な人だったらそこは直すことができると考えています。

新卒で入社した人には、その若い力でものを作り上げる"勢い"を期待しています。僕らは、ただ面白いものを作りたい、ユーザーさまをワクワクさせたい。自分たちが持つ技術を使って、人々に驚きと喜びを与えたいと思って日々の業務に取り組んでいます。「自分もそれをやりたい!」と思ったら、ぜひ一度、会いにきてみてください。

「ものづくりに真摯に向き合う人」を求めています。

もともと弊社ではエントリーシートを重要視していないんです。できるだけ多くの学生さんと面談機会を持つようにしています。paizaからの応募者は、現在もっている技術力が高く、プログラミングが純粋に好きな人が多かったと思います。そんな中で、技術者気質を持ちながらも物事の本質に向き合い、ビジネス視点を持とうとしている学生には「また会ってみたい」と思いますね。

弊社はモノを作っただけではビジネスは回らないと考えています。求めているのは、「なぜ動くのか」「どうしてこうなっているのか」と考えられる人、つまり「ものづくりに真摯に向き合っている人」です。そうやって深く考えることが、技術を深めるのと同時にビジネス視点にもつながっていくのだと思います。

弊社には新規事業提案制度があります。事業計画書があれば、たとえ入社初日であっても上長を飛ばしていきなり取締役に提案できるんです。今までも、社員からの提案が認められて新規事業となった事例があります。もし弊社でやりたいことがあったら、まずは面談で話してみてください。

先輩就活者の声
paiza新卒を使い、スーツを着ずに就活ができました。

paizaを最初に知ったのは高専の在学中、大学に入る前です。プログラミングコンテストの対策をしていて、学習する中で知りました。その後、新卒向けのサービスを始めると知り、さらにそれまでにとっていたスキルランクが就活に使えると聞き、それならばとpaiza新卒を使い始めました。

自分のスキルレベルでどんな企業に応募できるかが一目瞭然なところや、エントリーシートの選考をスキップして面接まで進めるシステムはとても使いやすいと感じました。それに、スーツを着るような形式ばった就活をしたくないと思っていたので、カジュアル面談などのシステムがあるpaizaは使い勝手が良かったですね。

結局paiza新卒を使って、広告プラットフォームビジネスを手がける企業から内定をいただきました。アドテクノロジーにはビジネスとしての将来性を感じていて、志望度が高かった会社だったので満足しています。

「絶対に入社したい!」と思える会社と出会えました。

私は情報系を専攻していたわけではないので、普通にエンジニアを目指して就活しても、ずっと専門的な勉強をしてきた学生にはかなわないだろうなと思っていたんです。だから、本当はもっと自分で情報系の知識や技術を身につけて、資格等も取得して秋頃から本格的な就活を始めようと考えていました。

その頃にpaizaを知りました。「スキルについて第三者からの評価がほしいな」と考えて、スキルチェック問題に挑戦してみました。非常に高いスキルを持っている人以外はスカウトはこないかなと思っていたんですが、しばらくしたら複数の企業からスカウトメールが来たんですよ。「こんなにもらえるのか!」と驚きましたね。

そして、スカウトメールをいただく中で、もともと自分がやりたかったミドルウェア開発企業からもお声がけいただき、内定まで至ることができました。「絶対に入社したい!」と思える会社との出会いを作ってくれたpaizaには感謝しています。

paiza新卒なら、こんな就活の悩みがあっても大丈夫!!
ESを書くのが苦手です。一社ごとにESを書いている時間もありません。

paiza新卒なら面接前のES不要!プログラミング問題を解いて企業指定のスキルランクが取得できれば、
書類選考なしで必ず面接に進めます!

地方在住で東京への就職を希望していますが、交通費がかかるので思うように就職活動できません。

paiza新卒では、地方の方ならSkypeで一次面接が可能という求人も多数掲載しています!

また、ランクB以上を取得のうえ面談を実施された方には「就活支援金」を最大5回まで支給。就職活動を費用面でもサポートします!

就活支援金がもらえる
ITエンジニアになりたいけど、プログラミング初心者でスキルに自信がありません。

paiza新卒には、動画を使った初心者向けプログラミング学習コンテンツがあります。
プログラミング未経験~初心者でも、スキルアップが目指せます!

就活に出遅れてしまいました、秋を過ぎても新卒を募集している企業はありますか?

paiza新卒では、通年採用の求人も多数掲載しています!

既卒になってしまいました......。

paiza新卒では、新卒・既卒を問わない求人も多数掲載しています!

paizaプログラミングスキルチェックの概要

スキルチェックの対応言語

想定回答時間は20分!対応言語は Java、PHP、Ruby、Python2、Python3、Perl、C、C++、C#、JavaScript、Objective-C、Scala、Go、Swift 。

書類選考なし1次面接、会社見学

スコアに応じて書類選考パス/会社見学が可能な求人企業がわかります。応募するまで求人企業には結果は通知されません。

プログラマ目線で取材した求人票

エンジニア、プログラマの仕事選びに必要な、開発手法、開発環境、利用ツール、評価方法、上司プロフィールを徹底取材。

自動スコアリング

コードは複数のテストケースでチェックし、メモリ使用量、実行速度でスコアを算出。面接時はコードを元に話が弾みます。

問題は初級、中・上級の2問で構成

問題は初級、中・上級の2問で構成。1問づつ受けることができます。制限時間内にベストなアルゴリズムを!

再チャレンジ可能

問題には再チャレンジが可能。新しい問題も毎週追加されるので、スキルアップの練習としても最適です。

100% IT/WEBエンジニア、プログラマ求人!

paizaは、各言語(PHP,Ruby,Python,Perl,Java,C,C++,C#等)の求人はもちろん、フレームワークや、受託/自社サービスなどの業務内容等でも探せます。

採用担当者様の声
面接時の限られた時間での口頭のコミュニケーションだけでプログラミングスキルを測るというのが難しいですが、paizaは客観的に技術スキルを測れるため、技術面の把握の上で助けになります。
(株式会社ヴォーカーズ代表取締役社長 増井様)
paizaのプログラミングスキルチェック結果がありましたから、技術力の面では大丈夫だろう、という前提で面接させていただきました。社内でもpaizaの問題をみんなで解いていたので客観的な判断基準として、paizaランクはとても参考にさせていただいています。
(株式会社ヒトメディア CTO 瀬川様)

※上記の企業は参画企業の一部です。