スキルチェック過去問題セットのアイコン
検索履歴 (paizaランク C 相当)

問題にチャレンジして、ユーザー同士で解答を教え合ったり、コードを公開してみよう!

問題

Img 04 03 下記の問題をプログラミングしてみよう!

あなたが利用しているブラウザでは検索ワードの履歴を見ることができません。あなたは検索ワードの履歴を見られないのは不便だと思ったので、検索ワードの履歴を見る機能を自分でつくることにしました。

検索ワードの履歴とは次のようにつくられます。

検索ワード W が以前に入力されたことがある場合:
履歴中の W を削除する。
履歴の先頭に W を追加する。
検索ワード W が以前に入力されたことがない場合:
履歴の先頭に W を追加する。

検索ワード W が N 個与えられるので、N 個の検索ワードが与えられた後の履歴を表示するプログラムを書いてください。

入力される値

入力は以下のフォーマットで与えられます。

N
W_1
W_2
...
W_N

1 行目には検索ワードの数を表す整数 N が与えられます。
続く N 行では検索ワード W_i が与えられます。
続く N 行のうちの i 行目 (1 ≦ i ≦ N) には、検索ワード W_i が与えられます。検索ワード W_i は小文字のアルファベット a ~ z のみからなる文字列です。
入力は合計 N + 1 行であり、 最終行の末尾に改行が 1 つ入ります。


入力値最終行の末尾に改行が1つ入ります。
文字列は標準入力から渡されます。 標準入力からの値取得方法はこちらをご確認ください
期待する出力

検索ワードを N 個入力した後の検索履歴を出力してください。
出力の最後に改行を入れ、余計な文字、空行を含んではいけません。

条件

すべてのテストケースにおいて、以下の条件をみたします。

1 ≦ N ≦ 100
各 W_i (1 ≦ i ≦ N) に対して、W_iの文字数が20を超えない。

入力例1

5
book
candy
apple
book
candy

出力例1

candy
book
apple

入力例2

6
apple
book
information
note
pen
pineapple

出力例2

pineapple
pen
note
information
book
apple

問題一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る