通過ランク:B

株式会社日本マイクロニクス

企業メインイメージ
企業メインイメージ背景

◆エレクトロニクス産業のリーディングカンパニー
株式会社日本マイクロニクスは「電子計測技術を通して広く社会に貢献する」を理念に掲げ、1970年に設立。半導体、液晶関係の検査・測定機器のリーディングカンパニーです。現在は、ICの回路を検査するための接触端子である「プローブカード」のトップメーカーとして事業を展開しており、半導体・LCD検査装置の分野で、国内外のお客さまから高い評価をいただいています。半導体関連製品やFPD関連製品は、お客様のニーズに合わせ「テストソリューション」という形でも提供していることが特徴です。業界のトップメーカーであり続けるために、製造装置を自社で独自開発しております。

◆客先納期なし・残業少◎ワークバランス充実
自社工場の生産管理システム開発をご担当いただきます。要件定義から基本設計・詳細設計・製造・テスト・リリース後保守まで、全工程に携われるので、スキルや専門性を深めていける環境です。また、客先納期はありません。年間休日124日・繁忙期以外は残業月20h程度なので、プライベートの時間も十分取っていただけます。世界トップレベルの技術を身につけたいエンジニアをお待ちしています。

事業内容

半導体計測器具(プローブカード、パッケージプローブ)
半導体・LCD検査装置の開発・製造・販売

本社所在地

東京都武蔵野市吉祥寺本町2-6-8

代表者氏名
代表取締役社長 長谷川 正義
設立年月
1970年11月02日
従業員数
1090名(2021/05現在)
平均年齢
38歳(2021/05現在)
資本金
50億1,800万円
株式公開
外部資金/調達額
主要株主
拠点・関連会社

【拠点】
◆青森工場
〒036-0114
青森県平川市町居南田571-2

◆青森松崎工場
〒036-0164
青森県平川市松崎西田41-1

◆大分営業所・大分テクノロジーラボラトリー
〒870-1117
大分県大分市高江西2-5-1

その他、海外8拠点

事業概況

当社のプローブカードは、業界トップクラスのシェアを継続しています。
現在はこのほか、半導体テスターやLCDの自動検査など、他分野の事業にも力を入れています。
また、行動指針「観・感・勘」を意識した技術革新に力を入れています。
<設立49周年の東証一部上場企業>私たち日本マイクロニクスは、これらの「検査」分野において、品質、性能、安全を支えることで、大きく社会に貢献しています。
当社の主力製品群は、「半導体関連製品」と「FPD関連製品」の二つに分けられます。
特に半導体関連製品群にあたる、検査器具「プローブカード」は業界トップクラスのシェアを誇っている製品です。
蓄積された技術と革新的なアイデアを用いて、高い精度で開発・製造をしています。
また、半導体関連製品やFPD関連製品は、お客様のニーズに合わせ「テストソリューション」という形でも提供していることが特徴です。
業界のトップメーカーであり続けるために、製造装置を自社で独自に開発することで、高品質な製品を安定的に供給しています。
また、売上の約1割を研究開発に先行投資し、基礎研究や新しい分野への挑戦も積極的に進めています。

事業構成比

売上高

2019年 27,954百万円
2018年 30,091百万円
2017年 28,455百万円

営業利益

この求人の募集は終了しています
通過ランク:B
目次