【フルリモートワーク/アジャイル開発】Drupalを使ったWebシステム開発をリードするシニアエンジニア

正社員

ANNAI株式会社

Icon php Icon javascript
通過ランク B ランクB以上で面接可能
企業イメージ画像

企業の特徴

ANNAI株式会社は2000年よりオリジナルCMSを用いたWebシステム開発に携わり、2007年からはDrupal専門のWebシステム開発会社として、大学・自治体・大手企業などの数多くのWebサイト・システムを手がけてきました。また、日本国内のDrupalユーザー・コミュニティの代表として、セミナーを開催したり、オープンソース技術の普及につとめる他、海外のコミュニティとの親密な連携を図っております。Drupal開発の国内リーディングカンパニーとして、これからもさまざまなソリューションを提案していきます。

弊社では社員全員がフルリモートワークで勤務しているため、チャット(Slack)、ビデオ会議(Zoom)、タスク管理システム(Redmine)などを適切に使い分けながらコミュニケーションを取っていきます。「みんな黙々と仕事をしていて、会話がないんじゃないですか?」と言われることがよくありますが、集中したいときなどを除けばWebミーティングシステムで常時会話ができる環境のため、音声やビデオでのコミュニケーションもとても活発です。

弊社執筆の「Drupal 8 スタートブック―作りながら学ぶWebサイト構築」もご覧ください。
https://www.amazon.co.jp/dp/4295000582/

応募する(会員登録する)

開発環境
言語、環境
フレームワーク
開発環境 Linux,Mac OS X,Windows,Apache,nginx,Amazon Web Service,Microsoft Azure,Google Cloud Platform

会社情報

事業内容

Webシステム開発業務

役員略歴

紀野 惠(Satoshi Kino)
ANNAI Inc 代表取締役/Drupal Japan ユーザーグループ Co-manager
さまざまなCMSでのWebシステム開発を手がけ、2007年からはDrupal専門の開発会社を運営。企画から開発、保守管理までトータルで手がける。また日本コミュニティのCo-managerのひとりとして全国各地で勉強会やミートアップの開催、講演などを通じてDrupalの普及に努めている。

太田垣 恭子(Kyoko Ohtagaki)
ANNAI CCO
2004年頃よりCMSを用いたWebシステムの企画・開発に関わる。2007年からはDrupal専門の開発に携わり、企画・設計、デザインなどを中心に、お客様係を担当。オフラインのイベント運営なども行い、Webを活用して人を集める仕組みづくりも得意とする。

本社所在地

東京都千代田区霞が関1丁目4-1 日土地ビル 2F SENQ霞が関

代表者氏名 代表取締役社長 紀野 恵 設立年月 2015年11月15日
従業員数

8名(2019/07現在)

平均年齢

40歳(2019/07現在)

資本金

3,000万円

株式公開

未公開

外部資金
調達額

なし

主要株主
主要取引先

内閣府/総務省/京都府/京都市/大阪府/大阪市/東京大学/京都大学/大阪大学/名古屋大学/広島大学/UbiComp/ISWC2015(ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing)/NPO法人 位置情報サービス研究機構 LISRA(Location Information Service Research Agency)/株式会社インプレス(Think IT)/株式会社エヌ・ティ・ティ・アド/NTTコミュニケーションズ株式会社/阪神電気鉄道株式会社/株式会社阪神コンテンツリンク/ジェイアール西日本コンサルタンツ株式会社/公益財団法人 京都高度技術研究所 アステム(ASTEM)/シャープ株式会社/株式会社デジタル Pro-face (Schneider Electric SA's group)
APIR 一般社団法人 アジア太平洋研究所

事業概況

エンジニアの拡充により、事業規模の拡大を目指しています。

事業構成比

Bg 14 02

閲覧には無料登録/ログインしてください。 無料登録 ログイン

企業イメージ画像2

リモート忘年会の様子です。日々の業務はslackやzoomを使って遠隔で行います。

企業イメージ画像3

フィリピンのセブ島近くの島から働いているメンバーもいます。リモートワークの利点を生かした勤務が可能です。

ページの先頭へ戻る