【62億円調達】世界中の命を救う事を目指す「医療×AI」プロダクトを開発するAIエンジニア募集!

正社員

株式会社AIメディカルサービス

企業イメージ画像1

企業の特徴

【当社について】
内視鏡は、日本が世界をリードしている先進の医療分野。
ところが足もとでは、「病変見落としが医師によっては2割以上」「大量の2重チェック負担で専門医が疲弊」という現実。

この問題にAI(人工知能)で立ち向かい、世界の内視鏡医療に貢献したい。
食道・胃から小腸・大腸まで、がんを早期のうちに残さず発見できるようにしたい。

そんな想いで創業したベンチャーです。

【特徴】
■内視鏡は、日本が唯一、世界を圧倒的にリードしている医療分野です。つまり、日本での成功が世界市場に直結するという、莫大な魅力があるのです。

■東大病院、大阪国際がんセンター、がん研有明病院、辻仲病院などトップクラスの病院と世界最先端の共同研究を進めています。AIの性能(診断精度)が国際的な一流論文誌に取り上げられたり、リアルタイムでの病変検出も実現済みです。

■受託仕事はしません。ライセンス、部品の供給もしません。完成品メーカーとして勝負します。よって研究開発で満足せず、臨床現場で本当に喜んでもらえることを目指しています。

■ダイバーシティを推進しており、子育て中の方も活躍中です。リモートで主婦や学生アルバイトも多く活躍しています。

企業イメージ画像2
企業イメージ画像3

企業情報

事業内容

■事業内容:
内視鏡の画像診断支援AI(人工知能)の開発
■事業の特徴:
内視鏡の画像診断支援AI(人工知能)にどこまでも特化。当社は、消化器すなわち「食道・胃~小腸・大腸」に対する「がん関連病変」の内視鏡検査において、専門医の診断を支援するシステムの実現を目指しています。
当社のテクノロジーは、他の医療分野でも活用できるポテンシャルを有していますが、創業の理念どおり「内視鏡の診断支援」にこだわっています。医療という責任ある現場で本当に使えるものを実現し、世界の患者を救うことに専心します。そのため、コア技術の研究だけで満足はせず、また受託開発をすることもありません。最終プロダクトの開発まで突き進み、現場の医師や患者からのフィードバックを受けて高速改善サイクルを回します。
■技術実績:
(1)世界最先端の実績
・次々と認められる論文…世界初となる胃がん人工知能拾い上げ論文がGastric Cancer誌に、ピロリ菌AI診断論文(こちらも世界初)がEBioMedicine誌(LancetとCellの姉妹誌)に掲載されました。さらに、大腸がん(早期/進行)拾い上げや、臓器判定(咽頭/食道/胃/十二指腸)に関して論文投稿済です。
・特許出願も複数…国内特許出願済みなのはもちろん、海外でも出願します。世界中で行われている熾烈な医療AI開発競争において、当社は世界をリードしていると自負しています。
(2)テクノロジーの基盤
・ディープラーニングをフル活用…画像認識分野のCNNは世界中で研究が行われており日々進化しています。特に、ディープラーニングによる画像認識レベルは従来の機械学習を超越しており、すでに人間の能力を超えました。これらの成果をいち早く採り入れています。
・肝となるデータの量と質…AIの開発実務においては、教師データ(AIに覚えさせるデータ)の質と量がカギを握ります。同社は全国の有力病院と数十名の内視鏡専門医の協力を得ているため、良質かつ膨大な数の画像を継続的に集めることができ、かつ、それらを地道な仕分け作業を行うことでAI用画像データベースを構築しています。

役員略歴

◆代表取締役会長・CEO 多田 智裕
1971年生まれ。東京大学医学部ならびに大学院卒。東京大学医学部付属病院、虎ノ門病院、多摩老人医療センター、三楽病院、日立戸塚総合病院、東葛辻仲病院などで勤務。2006年にただともひろ胃腸科肛門科を開業し院長就任。2012年より東京大学医学部大腸肛門外科学講座客員講師。浦和医師会胃がん検診読影委員。日本外科学会専門医、日本消化器学会専門医、日本消化器病学会専門医、日本大腸肛門病学会専門医。『行列のできる 患者に優しい“無痛”大腸内視鏡挿入法』など著書複数。

◆代表取締役社長・COO 山内 善行
1965年生まれ。東京大学工学部卒。米国の都市計画会社に勤務後、1994年に株式会社カレン創業。自動車会社・銀行等のネットマーケティングのコンサル&業務受託で社員100名規模に。2006年に株式会社QLifeを創業して日本最大級の病院検索・医療情報サイト運営や製薬会社支援業務を行うほか、日本最多数規模の医師・診療所むけサービスを複数展開。著書複数。

本社所在地

東京都豊島区東池袋1丁目10-13 荒井ビル2F

代表者氏名
代表取締役会長 CEO 多田 智裕
設立年月
2017年09月01日
従業員数
29名(2019/09現在)
平均年齢
--
資本金
2億4,000万円
株式公開

未公開

外部資金/調達額
主要株主

経営陣

主要取引先

◆共同研究者・協力者
・がん研有明病院
・東大病院
・大阪国際がんセンター
・TSUJINAKA HOSPITAL
・ららぽーと横浜クリニック
・山王病院
・埼玉医科大学国際医療センター
・ただともひろ胃腸科肛門科
など多数の病院やクリニック

事業概況

約1年の基礎研究ののち、2017年9月に法人設立しました。研究成果の実績(論文採択、特許出願など)の創出スピードがはやく、かつ内容面でも高い評価を得ており、日本医師会をはじめ、各種学会や勉強会で講演を依頼されています。
また、メディアに取り上げられることも多く、テレビの報道番組や、複数の全国紙で大きな紙面で特集されたりしています。
今後は、それらの研究成果を、段階的に製品化していくことになります。

事業構成比

Bg 14 02

閲覧には無料登録/ログインしてください。 無料登録 ログイン

売上高

Bg 14 02

閲覧には無料登録/ログインしてください。 無料登録 ログイン

営業利益

Bg 14 02

閲覧には無料登録/ログインしてください。 無料登録 ログイン

closed_job_offer_img

求人詳細に戻る

目次
ページの先頭へ戻る