通過ランク:S

スマートキャンプ株式会社

企業イメージ画像1

【VISION】
Small Company, Big Business.

大きなビジネスをするのに、ヒト、モノ、カネの数や大きさは関係ない。
少人数のチームでも、世の中をもっとよくできる、社会を動かせることを証明したい。
私たちは「Small Company, Big Business.」というVisionを掲げます。

今後、日本では少子高齢化・労働人口減少をきっかけにあらゆる仕事が見直されていくなかで、従来の働き方の常識に囚われず、新しいテクノロジーで未来を作っていくべきだと、私たちは考えています。SaaSプラットフォームを軸に事業展開していますが、VISIONを実現するために事業を創造し続ける集団でありたいと考えております。

【MISSION】
テクノロジーで社会の非効率を無くす

人口減少に伴う労働力の低下や経済成長の鈍化が進むであろうこの時代。また、感染症の広まりによってこれまで経験したことの無いような働き方が必要な時代が到来しています。
私たちがより豊かな生活を送るためには、これまでの非効率な働き方を変え、一人ひとりの生産性を高める必要があります。

そんな社会や働き方を実現するためのカギを握るのが、テクノロジーの活用です。
特にSaaS活用により働き方の「不」を解消していけると私たちは信じており、国内におけるSaaS普及・浸透に努めています。

2017年より毎年「SaaS業界レポート・SaaSカオスマップ」を作成し、2019年にはスマートキャンプ主催のSaaSカンファレンス「SCTX2019」を開催、2020年には新規事業として「BOXIL EXPO」を立ち上げ、SaaS普及による働き方改革を牽引していきます。

【GROUP】
2019年11月よりグループ会社としてマネーフォワードグループへ参画

■グループジョインで実現すること
1.Money Forward Business(BtoB事業)の事業領域拡大
2.シナジー創出による両社事業の成長加速
3.経営人材獲得による経営力強化

バックオフィスSaaS領域に強みを持つマネーフォワードとマーケティング&セールス領域に強みを持つスマートキャンプがCollaborationすることで、マネーフォワードグループとしての潜在市場が1兆円から1.9兆円へと約2倍に拡大。SaaSプラットフォーム実現を目指します。

企業イメージ画像2

エンジニア同士による勉強会やモブプログラミングも盛んです!

企業イメージ画像3

広々としたキャンプスペースでは、全社でのミーティングやピザパーティ、勉強会の会場として使っています!

事業内容

■Webメディア事業
SaaSマーケティングプラットフォーム『BOXIL SaaS』
SaaS情報メディア『ボクシルマガジン』

■インサイドセールス支援事業
インサイドセールス代行・コンサルティング『BALES』
インサイドセールス管理システム『BALES CLOUD』

■イベント事業
SaaSオンライン展示会『BOXIL EXPO』

■新規事業開発
「Small Company,Big Business.」のVISIONに基づき、常に新規事業に挑戦し続けています。また、事業ごとに撤退水準を設けて、「満たせなければ創業事業であれ潔く撤退する」という文化も根付いています。

■サービスページ
「ボクシルSaaS(法人向けSaaSの比較・検索サイト) 」
【https://boxil.jp/ 「ボクシルで検索してください」】

本社所在地

東京都港区三田3−13−16 三田43MTビル13階

代表者氏名
代表取締役 古橋 智史
設立年月
2014年06月04日
従業員数
80名(2021/02現在)
平均年齢
28歳(2021/02現在)
資本金
1億円
株式公開
外部資金/調達額

2017年5月にVCおよび既存株主等から3億円調達しました

主要株主

マネーフォワード

拠点・関連会社

北海道支社

事業構成比
閲覧するには 会員登録(無料) または ログイン をしてください。
通過ランク:S
応募する(会員登録する)
応募には会員登録が必要です。
目次
応募には会員登録が必要です。