日本唯一◎最新VR技術で3Dソフトウェアの開発【自社/フレックス/Python】VRプログラマー

正社員

スタジオ和オリエント株式会社

Icon cpp Icon cs Icon python
通過ランク B ランクB以上で面接可能
求人イメージ画像1

企業の特徴

◆VR(バーチャルリアリティ)技術のパイオニア!
スタジオ和オリエント株式会社は2005年創業。日本唯一のVR(バーチャルリアリティ)のインテグレーターとして3Dソフトウェアの開発をメイン事業として展開しております。現在東京本社の他、島根、香川、ベトナムにスタジオを設け事業拡大しています。

◆100社を超える顧客に技術提供
弊社では常に最先端の技術を応用し、サービス提供を行っております。最近では、福島原子力発電所の廃炉シミレーションも弊社が行っており、非常に好評を得ております。顧客にはロボット、AI、リハビリテーション、心理ストレス、安全分野等を中心に鉄道、重工業、電機、研究機関等、国内だけで100社を超える顧客に提供しております。

◆VR業界にジョインするチャンスです!
弊社には最新の感覚系再現技術を応用・具現化する施設が整っており、「VRと言えばスタジオ和オリエント」と言われる程、多様な大手企業へソフトウェアを提供してきました。VR技術を使って社会貢献性の高い仕事に携わりたい方。是非一緒に働きませんか?ご応募お待ちしています。

応募する(会員登録する)

求人概要
ポジション VRプログラマー
提示年収
400万 〜 600万円
開発環境
言語
フレームワーク
環境 Windows
データベース
プロジェクト管理 Subversion
支給マシン
開発手法
開発内容タイプ
その他
  • 閲覧には無料登録/ログインしてください。
  • 無料登録
  • ログイン
求人イメージ画像2

様々な環境条件に応じて、センサー特性を可視化するこにより、セキュリティーの検討・対策を実施可能なセキュリティー訓練用VRです。

求人イメージ画像3

工場内で発生する労働災害を防止する為、手順学習や事例学習を行う際の映像や臨場感溢れるVRによる体感を可能にした労働災害教育用VRです。

この求人の募集要項

ポジション VRプログラマー
特徴
職務内容
Oculus、AR、Unity3D、Kinectセンサー等、最新の感覚系再現技術に興味のある方に最適のポジションです!

VR開発環境(Unity、Vizard等)を用いた、3Dのインタラクティブなソフトの開発に携わって頂きます。
同じ内容でも人によって感じ方は異なります。その人に合うものをAI的に提供するサービスも開発を進めており、こちらの分野にも携わって頂きます。

◆具体的な開発例
・Oculusを利用した安全体感教材
・Unityを用いたiOS用3Dアプリ、ARアプリ
・ゲーム技術を取り入れた最新型の3D訓練シュミレータ
等のソフトウェア開発に携わって頂きます。

◆募集背景
事業拡大の為の募集です。

仕事のやりがい

・少数精鋭の開発環境で、裁量を持って業務に臨めます。
・最先端技術をふんだんに用いて開発を進められます。
※欧米では発展していますが、日本ではこれから発展していく領域です。

応募要件
必須要件

・C++、C#、Python等を用いた開発経験がある方(年数不問)

歓迎要件

・VR未経験者歓迎
・ゲームプログラマー実務経験者歓迎
・Unity等での開発経験(年数不問)

求める
英語レベル

ドキュメントが読める

募集人数 若干名 配属部署人数 5名
給与体系・詳細

・経験、能力、現在の月収を考慮し決定

想定年収 400万 〜 600万円
勤務時間 9:00~18:30(含休憩時間1時間30分/フレックス制度あり) 休日休暇

・完全週休2日制(土日)
・祝日
・夏期休暇
・年末年始休暇
・有給休暇
・慶弔休暇

諸手当

・通勤交通費支給
・社会保険完備

インセンティブ

昇給・昇格

昇給査定年1回(4月)

保険

・各種社会保険完備

試用期間

3ヵ月

選考フロー

paiza

面接、及び、筆記試験

内定

勤務地

勤務地
東京都千代田区神田北乗物町1番地 イケダビル9F
最寄り駅

・JR各線「神田駅」より徒歩4分
・東京メトロ銀座線「神田駅」より徒歩4分

この求人に応募するには、まず 会員登録(無料)が必要 です。

応募する(会員登録する)

開発環境の詳細情報

開発部門の特徴・強み

組織構成 Appbar.lock

配属部署 情報機器部
配属上司経歴 Appbar.lock

平均的なチーム構成 Appbar.lock

開発手法・開発の仕組み

その他開発環境 Appbar.lock

主な開発実績

技術向上、教育体制

エンジニア評価の仕組み Appbar.lock

ページの先頭へ戻る