paizaで転職された方の声

Ruby実務経験ゼロ、業務系SIerからソシャゲ業界への転向記

paiza interview Vol.2「何かしらの行動を続けていると、それを評価してくれる人や機会がいつか必ずあると感じます。」株式会社WHRP 石毛崇介さん

今回は、paizaを利用して、ソーシャルゲーム開発で今注目の株式会社WHRPに入社したRubyプログラマの石毛崇介(27歳)さんに取材しました!

これまで主にJavaを使った業務系のシステム開発に携わってきた石毛さんは、Rubyの実務経験はゼロ。しかし、paizaで受けたRubyのコーディングスキルチェックで「ランクB」を取得。独学で学んできた技術が評価され、 憧れのソーシャルゲーム開発会社への転職に成功しました。しかし、そこに至るまでは様々な苦労があったとの事。 試行錯誤した時期、paizaとの出会い、夢叶ってWHRPへの入社、今後の目標などを語っていただきました。

未経験ながら、憧れのソーシャルゲーム業界に転職できた石毛さん。 そこに至るまで様々な試行錯誤があったそうですが、過去どのようなお仕事をされていたのですか?

高校卒業後、情報系の専門学校に通っていたこともあって、SEの仕事に関心を持ちました。SEになるためには、プログラミングもできないといけないだろうと考えたのですが、そこの学校の授業はシスアドなどの資格対策がメインだったので、独学でプログラミングの勉強を始めました。当時、勉強していた言語はCやPHPです。入門書を読んだり、技術情報サイトなどで情報収取しながら、データベース入出力のプログラムを自分で作ったりもしていました。

しかし、 就職活動では中々希望通りに進まず、結局、複合機のメンテナンスを行う大手メーカーのグループ会社に就職。 ハード機器のサポートエンジニアとして働きつつも、やはり開発の仕事をやりたいという思いは捨てきれず、転職の機会を伺いながら、 プライベートでJavaの勉強も始めました。その甲斐もあって、就職から1年も満たないうちに、ソフトウェア開発会社に転職 をすることができました。

石毛さん(写真)

初めて経験したソフトウェア開発の現場。そこで直面した理想と現実とは?

希望がかなってSEの仕事に就けたのは嬉しかったですし、車両管理システムなど業務系の開発経験を積めたことはよかったのですが、正直、開発手法には若干違和感もありました。Javaを使っているのに、オブジェクト指向のメリットを活かしていない書き方が多かったり、フレームワークを使って開発を効率化することに積極的でなかったり…。自分の勉強してきたことと現実が乖離していて、少しがっかりしたこともありました。

そして何より苦しかったのが、まだ経験も浅いのに、 ベテランエンジニアという触れ込みで客先にたった一人で常駐させられれたことです。 先輩から学んだり、チーム一丸で頑張るというような環境とは真逆の状態でした。自分もまだ未熟でしたし、孤独な状況の中、精神的にもかなりのプレッシャーがかかりました。自分が目指していた道はこれなのかと悶々と悩んだ結果、結局、一旦退職して、都内から千葉の実家へ戻ることに決めました。

石毛さん(写真)

充電期間中は何をされていたのですか?

一旦開発の現場から離れて、心身ともにリフレッシュはできましたが、そんなに長い間ボーっとしているわけにもいきません。実家近くの調剤薬局や肉屋で働いたこともありました。ただ、畑違いの仕事をしつつも、 またいつかは開発の仕事に戻りたいという思いは変わらず持っていて、勉強だけはきっちり続けていました。 例えば、プログラミングの技術だけではなく、業務知識も身に付けようと簿記を勉強して、簡単な仕分け処理のプログラムを作ったりしていました。

そんな時に出会ったのがRuby on Railsです。今まで自分が現場で使っていたやり方よりも、Railsだと何倍も早く開発ができるというその効率性に驚きました。Railsをもっと勉強して、この技術を生かした開発の仕事をやりたいという気持ちがとても強くなりました。

石毛さん(写真)

paizaを知ったきっかけは?

あるサイトにpaizaのバナー広告( スキルがはかれるエンジニア求人サイト )が出ていて、そこで見た「コーディングスキルチェック」という言葉が刺さりました。当時、Railsでの開発の仕事をしたくて、転職活動をはじめてみたものの、ブランクがあること、 RubyやRailsでの実務経験がないことがネック になって、かなり苦戦していました。 応募してもRubyの実務経験が無いと、書類選考で落とされてしまう ことがほとんどでした。

paizaを利用し始めた当初はまだそれほど強く転職を意識しての利用ではありませんでしたが、コーディングチャレンジを受けて、求人を紹介されるうちに「また開発の仕事ができるかもしれない」という気持ちが強くなってきました。転職するなら最低でもランクBは取らないといけないと思っていたので、Bと判定された時は安心しましたし、Bであれば比較的多くの求人で書類選考無しで面接に行けて良かったです。 面接でも、paizaのランク判定のおかげで、多少なりとも自分に自信を持ってアピールできるようになった のが本当に有難かったです。

最終的に希望のRubyエンジニアとして、WHRPでソーシャルゲーム開発に携われることになりました。ゲームは結構好きで、良くやる方ではあったのですが、まさか自分がゲームを作る側に回れるとは思っていなかったので内定をもらった時はとても嬉しかったです。

石毛さん(写真)

WHRPに入社後、現在はどのようなお仕事を担当されているのですか?

現在、チームメンバーは約8名で、担当するタイトルは『聖剣伝ラグナ・クロス』です。私自身は細かな機能追加や改修等を担当しています。実際に働いてみて、まず驚いたのが、前職の 業務系のソフトウェア開発とは全く異なる、ゲームコンテンツ開発のスピード感 です。そして、自分の担当範囲が大きいので、ちょっとした改修でも全体に与える影響も大きく、ユーザーから反響が直に返って来るので、非常にやりがいを感じます。また、チームメンバーは同年代も多く、全員が近くいるので、皆と気軽にコミュニケーションとりながら仕事を進めることができます。日々、チームプレイで働く醍醐味を感じています。

当面の目標は、ゲームの一部分の機能だけではなく、全機能を担当できるようになりたいと思っています。そして、最終的には新規タイトルの開発の際は、リーダーとして引っ張って行けるような存在になれるよう頑張っていきたいです。

最後に石毛さんと同じような立場で悩んでいる人たちへ、メッセージをお願いします!

僕なんかがあまり偉そうなこと言えないのですが、思う通りに行かず、苦しむこともあると思いますが、 あきらめず、意欲を持って何かしらの行動を続けていると、それを評価してくれる人や機会はいつか必ず訪れるのだと今回の事で感じました。 私自身もうまくいかず試行錯誤して悶々としていた時期も長くありましたが、そんな中でも腐らず、独学で勉強を続け、技術のレベルアップを怠らないなど、今できることを着実に頑張り続けるしかないと思います。そうするといつの日か状況は好転すると思いますので、諦めず頑張ってください!

株式会社WHRP エンジニア採用担当者の声

続いて、株式会社WHRP 取締役の角田晃一さん、ソーシャルアプリ事業部の川島崇史さんにお話をお伺いしました。

株式会社WHRPは、主力のインターネット広告代理店業やアパレル事業に加えて、現在、ソーシャルアプリ開発事業が急成長を続けています。 初リリースで大ヒットした『聖剣伝ラグナ・クロス』に続いて、次作の『聖王伝バトルグレイル』は現在グリーでも高い注目を集めています。 今後も次々と新作を開発していくと共に、将来的には海外展開も視野に入れています。

paizaを利用してみて、いかがでしたか?

取締役 角田さん:

石毛さんには現在、当社の大事な戦力として大いに活躍してもらっています。ただ正直、 もし彼がpaiza経由での応募でなかったら、採用していなかったかもしれません。 やはり、通常の応募書類や面接だけでは、技術力をきちんと見極められないからです。

石毛さんの場合は、paizaの「ランクB」という保証があったので、Rubyでの開発経験がなくても技術力の面は安心して見ることができました。あとは、 本人に会って、彼の高いモチベーションを確認できた ので、問題なく採用を決めました。

石毛さんの現在の状況はいかがですか?

川島さん:

石毛さんは技術に対して非常に貪欲で、学習意欲がとても高い人です。 Web系の経験は無くても、自分で学習してどんどんキャッチアップしていますし、技術的な部分は全く心配することなく信頼しています。また、ソーシャルゲーム開発という特性上、良くも悪くもユーザーからダイレクトな反応が返ってきますが、石毛さんはそれらに真摯に向き合いながら、日々改善の努力を粘り強く続けられる人です。

株式会社WHRP 取締役の角田晃一さん(右)、川島崇史さん(左)

WHRPが今後求める人材像は?また、WHRPで働く魅力は?

取締役 角田さん:

ソーシャル事業部は約30名いて、開発や企画に携わっているのは約20名です。

ゲーム開発未経験者でも、ベースの技術がしっかりあって、チームプレイを大事にしながら、一生懸命頑張れる人であれば問題ありません。 開発の局面では大変な時もありますが、そういった状況でもポジティブに楽しんでできるかが大事だと思っています。会社としても、そういった意欲の高い人達が働きやすい職場づくりを目指していきたいと考えています。
川島さん:

自分自身は前職、受託開発がメインで、案件担当も自分だけということが多かったのですが、今は自社コンテンツのために、エンジニア、デザイナー、イラストレーターなど、様々な立場の人達をまとめながら開発をしています。やはり、一人やでやるよりチームでやる方が楽しいですし、スピード感もありますね。ユーザーのレスポンスは早いですし、当たった時の手ごたえや達成感、喜びは非常に大きいです。

WHRPの今後の事業展開は?

取締役 角田さん:

昨年初リリースをした『聖剣伝ラグナ・クロス』 は会員数累計25万人を突破し、ヤマダゲームでトップセールスを記録するなど、大ヒットとなりました。また次作の『聖王伝バトルグレイル』もグリーから高い評価を得て、現在大きな注目を集めています。

今後はネイティブアプリへの対応、新作の開発に加えて、韓国、中国、北米などの海外展開も計画中です。

これからも益々事業拡大していく予定なので、一緒に成長したい、やる気溢れるエンジニアの方は大歓迎です!

ありがとうございました!

paizaの「スキル重視の転職」というコンセプトを、絵にかいたように体現してる石毛さん。取材したpaizaスタッフ一同、こういったサービスを作れた事に喜びを感じた取材でした。今後の石毛さんのご活躍とWHRPさんの更なる飛躍を心よりお祈りします!

取材日:2013年11月6日

株式会社WHRP
設立 2009年1月
社員数 33人
平均年齢 28歳
企業の特徴
インターネット広告代理店としてスタートしたWHRPは、 ソーシャルアプリ事業やアパレル業界にも進出。 アパレルに関しては、自社ブランド「DECEIVE..」を発表し、 数々の女性誌で紹介される人気ブランドに成長しました。 そして今注力しているのがソーシャルアプリ事業。 1作目のゲーム「RagnaCross(ラグナ・クロス)」は、 会員数累計25万人を突破し、 ヤマダゲームでトップセールスを記録する大ヒットとなりました。 そして6月には、2作目となるオンラインカードゲーム 「聖王伝バトルグレイル」をリリース! 今後も次々と新作を開発していくと同時に、海外展開も視野に入れています。

ページの先頭へ戻る