転職成功者の声 UUUM株式会社 望月恵さん

リモートワーク&フルフレックスで働きやすい環境 
若きチームリーダーは仕事もプライベートも全力投球

動画クリエイターのサポート・マネジメントを中心に事業展開し、インフルエンサーマーケティングをリードするUUUM株式会社。人気動画クリエイターのコンテンツや彼らの感性をいかしたユニークなプロモーションプランで、急成長を遂げています。そんな同社の躍進を支えているのが、エンジニアリングの力です。

今回はエンジニアチームのリーダーとして活躍する望月恵さんと、採用担当の山部幹周さんにお話を伺いました。

※山部さんへのインタビュー(後半)は こちら から。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

27歳の若さで、システムユニットでチームリーダーを務める望月恵さんは、同社に入ってちょうど1年。チームリーダーとして、また伸び盛りのエンジニアとして、そしてプライベートも充実させる1人の女性として、同社でのやりがいや働く環境、今後の目標など、たっぷり語っていただきました。

UUUM株式会社(写真)
望月恵さん:UUUM株式会社 システムユニット チームリーダー

文系出身、デザイナーを経てエンジニアに

−−エンジニアを目指したきっかけから教えてください。

もともと文系で、大学時代は教養科目で少しPHPとJavaをやったくらいなんです。ただ、ソーシャルゲームのヘビーユーザーだったこともあり、Web自体は早いうちから触っていて、興味はありました。そこで独学でHTMLとCSSを勉強して、ウェブ制作会社にデザイナーとして就職。その後は仕事をしながら技術を学んできました。実際に業務を進めるなかでエンジニアリングへの興味が強くなり、少しずつキャリアシフトしてきました。

−−UUUM社への転職の決め手となったのは、どんなところでしょう?

採用試験を受けているときに、現場のメンバーとのランチをセッティングしてもらったんです。会社の雰囲気や働き方のイメージもつかめたし、技術的な話でも盛り上がるなど、とても楽しくて。この方たちといっしょに働きたいな、って強く思いました。さらに、プロジェクト内容、エンジニアに求められていることなどが非常に明確で、挑戦できる環境だと感じたのも大きかったです。

−−今、担当されているのは、どんなプロジェクトですか?

メインは社内システムの構築ですが、一部、クリエイターが使うシステムにも関わっています。たとえば、YouTubeに上げる動画の素材となる音源、効果音、テロップのフォントなどを管理するためのシステムなどですね。さまざまなプロジェクトが動いているので、すべてのシステムが常に円滑に動くようにと、インフラにも力を入れています。

−−入社して約1年で、すでにチームリーダーとして活躍されていらっしゃいますね。

コミュニケーション力やマネジメント力に期待をされて拝命したものと理解しています。弊社には技術力の高いエンジニアがたくさんいます。私自身はまだキャリアが浅くて、エンジニアとしての実務経験は3年ほど。学び続けながら成長を目指していきたいと思っています。

−−御社のエンジニアに特徴的なことがあれば、ぜひ教えてください。

技術的に好き嫌いせず、フルスタックでできる人が多いです。JavaScriptもRailsもインフラの作業も、みんな一通りできるので、総合力としてかなり高いと思います。営業部門やマネジメント部門ともフランクに話し合って、エンジニア側から「こういう仕組みがあるとさらにいいですよ」と提案することも。私も積極的に意見を上げるようにしています。

UUUM株式会社(写真)
エンジニアとしてのキャリアは3年ながら、早くもチームリーダーに。
同社では望月さんの他にも若いチームリーダーが数多く活躍されています。

柔軟な働き方ができるから仕事もプライベートも欲張れる

−−今の働き方についてもお伺いします。基本的な1日のスケジュールはどのような感じでしょう?

日によって違いますね。打ち合わせや勉強会など、チームで集まることもありますが、基本は裁量労働制です。プロジェクトチームのなかで、しっかり打ち合わせや進捗確認ができていれば、開発時間などは自由。リモート勤務も推奨されています。

−−そういう仕組みが整っていると、今後ライフステージが変わっても働きやすそうですね。

そうですね。先輩社員を見ていると、この会社なら出産や育児などと仕事の両立も「心配ない」と思えます。リモートワークやフルフレックスなど、そのときどきの状況に応じた働き方ができるのは、安心ですね。私自身はまだ子どもはいませんが、柔軟な働き方ができるおかげで趣味のクラリネットにも全力投球! コンクールやコンサートに出るなど、プライベートも充実しています。

−−望月さんにとって、エンジニアという仕事の魅力とは何だと思いますか?

エンジニアって、単純に実力で評価される仕事だと思います。男女の差を感じることもないし、同じ土俵で結果を見てもらえる。そこは弊社に限らず、エンジニアという仕事の魅力のひとつではないかと思います。また、自分のペースで仕事をしやすく、続けやすい職種でもあると思います。女性も男性も働きやすい環境、制度が整備されている会社が増えて、どんどん女性の力がエンジニアリングにいかされていくといいな、と思っています。

−−最後に、望月さんの今後の目標を教えてください。

フロントエンドからバックエンドまでカバーしつつ、ひとつひとつの技術の専門性をさらに深めていきたいですね。また、「本当に必要なものを作れているか」ということは常日頃考えています。ユーザーのニーズをくみとったり、ビジネスサイドとコミュニケーションを密に取ったりしながら、そのニーズを技術で実現していけるように力をつけていきたいですね。

−−エンジニアリングの質を高めるためにも、望月さんのコミュニケーション力は大きな武器になりますね。ありがとうございました!

UUUM株式会社(写真)
お時間をいただきありがとうございました。今後のさらなるご活躍をお祈りしております!


転職成功者の声

採用者の目線

UUUM株式会社 コーポレートユニット チームリーダー 山部幹周さん


続いてお話を伺うのは、エンジニアの採用を担当する山部幹周さん。エンジニア採用で重視することや、社員に好評のユニークな制度についてもお話しくださいました。

UUUM株式会社(写真)
コーポレートユニットの山部さん。この日は「UUUM」パーカーを着ていました。

まじめで「自立」した人材が集まっている

−−改めて、御社の事業内容を教えてください。

基幹事業は、動画クリエイターのサポートです。クリエイター自身がメディアとなり、インフルエンサーとして活躍する新しい文化、そして新しい働き方の時代が到来しています。弊社は、そうしたクリエイターのビジョンを実現するために、企業とのマッチングやライブの開催、チャンネルの創出など、さまざまな事業をおこなっています。

−−さきほど望月さんのお話を伺うまで、御社の事業と、エンジニアリングやテックのイメージが結びつかないところもあったのですが……。

そうかもしれないですね。でも、実は、エンジニアが関わる業務はたくさんあります。クリエイターが使う素材やツールのサポートサイトをつくったり、どんなチャンネルがどのくらい見られているか、どうしたら視聴者が増えるかといった分析ツールをつくったり、幅広いサービスが動いています。私たちが提供しているクリエイターサポートは、これまでの世の中になかったサービス。その仕組み、システムをつくりながら、事業を拡大してきました。テックの力は、成長に不可欠なものですね。

−−エンジニア採用のフローを教えてください。

一次面接ではCTOの尾藤をはじめとしたエンジニアが面接官となり、技術面を見ています。二次面接では、当社の企業風土に合う人材か、成長意欲や仕事への姿勢などを中心にお話を伺います。

−−エンジニアに求めること、採用で重視するポイントはなんですか?

ひとことでいうと、まじめなことでしょうか(笑)。エンターテインメント分野の事業なので華やかなイメージが強いかもしれませんが、クリエイターを支える裏方となる私たちには、コツコツと地道に積み上げていくまじめさが絶対に必要です。それから、成長意欲を持って、「自立」してチャレンジできる人ですね。さまざまなプロジェクトが同時並行で進んでいるので、関わる人たちとしっかりコミュニケーションをとって、自分で考えて行動できるかどうか、は大きなポイントです。

UUUM株式会社(写真)
フルフレックスやリモートワークとともにフリーアドレス制も段階的に実施している同社。
特にエンジニアは各制度を積極的に使っているそうです。

業務内容だけにとどまらず幅広い分野への興味、知識を持って

−−エンターテインメント分野や動画クリエイターへの関心、知識などは必要でしょうか?

会社全体の採用で言えばエンタメへの熱量は必須ですが、エンジニアに限っていえば、絶対にYouTubeをたくさん観ていなければダメだ、というわけでもありません。ただ、動画投稿の世界では、独特の文化や社会のようなものがあります。理解が深いほうが問題解決のソリューションを発想しやすくなるでしょう。興味関心を持ち、感度を高めていくに越したことはないと思いますね。

−−会社として、エンタメ感度を高めるための制度などがあれば教えてください。

「エンタメ経費」制度があります。書籍、映画、舞台、ライブ、コンサートなど、エンターテインメントに関わる出費であれば、月1万円までが経費として正式に申請できるというものです。エンジニア職だと、技術書の購入に使っている人も多いですね。

他にも英会話教室やスポーツクラブ、ゴルフなどに使える自己研鑽補助の制度もあります。YouTubeにはさまざまなチャンネルがありますから、知識を蓄えて、いろいろなジャンルへの造詣を深めることが、巡りめぐって業務にプラスになる場合も少なくないんですよ。こうした制度は、エンターテインメントへのアンテナを常に張っていてもらえたら、という会社からのメッセージでもあります。

いろいろなことに挑戦したい人には絶好の環境です

――望月さんもおっしゃっていましたが、御社ではフルフレックスやリモートワークも積極的に導入されていますね。

はい。毎週月曜の朝だけは全体の朝礼をしていて、そのときは全員出勤してもらっていますが、それ以外は申告さえしてもらえれば柔軟な働き方を認めています。開発チームで先行して導入していましたが、最近全社でも導入しました。まだ始まったばかりなので極端な勤務をしている例は少ないですが、土日に稼働してそのぶん平日に早く帰る人もいますね。

特にリモートワークは、弊社では社員に対して積極的に使うように言っています。エンジニアはリモートワーク制度を使う人が多いです。他にも、子どもがいる社員だと「子どもが病気になったから今日はリモートでやります」みたいな感じで制度を使うこともあります。

――働きやすい環境で開発に集中できそうですね。最後に、御社に転職を検討している方へのメッセージをお願いします。

弊社は社員の数も急激に増え、いままさに成長期を迎えています。いろいろチャレンジしたいという思いがある方にとっては、絶好の環境だと思います。クリエイターをサポートすることが主軸の事業ですので、人のためになることに喜びや幸せを感じられる方に、ぜひ仲間に入っていただきたいですね。ご応募、お待ちしています!

−−ありがとうございました!

UUUM株式会社(写真)
お忙しいなか、お時間をいただきありがとうございました!

社員の平均年齢は30.8歳。これから結婚、育児などライフステージが変わっていくことが予想される社員にむけて、働きやすい環境、制度が整えられているUUUM株式会社。創立6周年を迎え、ますます成長スピードが高まっています。幅広い技術、ジャンルに関わりながら、会社とともに大きく成長できる環境だといえるでしょう。

自分の技術でエンターテインメント業界を盛り上げたい、クリエイターのサポートをしたいという思いのある方や、新しい領域で挑戦していきたい方は、ぜひUUUM株式会社の求人票をのぞいてみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ一覧

「paiza転職」を使って転職に成功された方や
ご利用企業の採用担当者へのインタビューを中心に掲載しています。