paizaで転職された方の声

求めたのは「働きやすさ」 エンジニアファーストの企業に転職

paiza interview 求めたのは「働きやすさ」 エンジニアファーストの企業に転職 高嶋隆博さん

今回お伺いしたのは株式会社セプテーニ・オリジナルです。

インターネット広告事業を中心に事業展開するセプテーニグループ。その中でウェブサービスの企画、開発を手がけているのがセプテーニ・オリジナルです。高嶋隆博さん(29歳)は、社員数名の超ベンチャー企業から、paizaを使い同社へ転職。エンジニアとして「働きやすい環境」を手に入れたといいます。今は「技術的な挑戦ができる環境」でもあると話す高嶋さん。同社の魅力や現在の充実ぶりなど、存分に語っていただきました。

また、後半では、同社で取締役を務める平岩力さんにもインタビュー。エンジニアたちの働き方や同社が求めているエンジニア像など、詳しくお話を伺いました。

※平岩さんへのインタビュー(後半)は こちら から。

※株式会社セプテーニ・オリジナルの求人情報は こちら から。

【転職者 株式会社セプテーニ・オリジナル エンジニア:高嶋隆博さん】

転職で求めたのは働きやすさ

――前職でもエンジニアとして活躍されていたそうですが、今回の転職を考えたきっかけはなんでしたか?

前職はバリバリの超ベンチャーとも呼ぶべき会社で、自分でなんでもやらなければならなかったので、ビジネスマンとしての「仕事力」は大きく成長できたのですが、一方で技術的に求められるものは必ずしも高いものではありませんでした。また、人数が少ないためにかなりハードな仕事でもありました。今後はもう少し落ち着いた環境で技術的な挑戦にフォーカスして働きたいという思いが強くなり、転職を考えました。

――今回の転職にあたり、会社選びでこだわったポイントはどこでしたか?

しっかりこだわったのは働きやすさという一点ですね。技術面では、自分のスキルセットでできることをベースに、これまでできていなかったこと、これまでよりも高いレベルのことに挑戦できる環境でやりたいと思っていました。それが実現できるのであれば、特定の開発言語や業界・分野にこだわらず幅広く考えていたので、スカウトメールをいただいた企業は、とりあえずカジュアル面談でお話を伺うようにしていました。一方で、業務で5年ほどScalaを使っていたので、それが生かせればいいなとは考えていました。

転職でpaizaを2度利用

――今回の転職ではpaizaを使っていただきましたが、知ったきっかけや使おうと思った理由を教えてください。

最初にpaizaを知ったのはスキルチェックでした。自分にどれくらいの実力があるのかを客観的に確かめたくて。その後、オファーをいただくようになったので転職でも使うようになりました。

実は、前回の転職でもpaizaを使っており、仕事探しに使ったのは今回が2度目です。転職を考えていたときにpaiza経由でのオファーをいただいたので今回の転職でも活用しました。

――複数回にわたりpaizaを使っていただきありがとうございます。そんな高嶋さんの視点で、paizaを使ってみた感想をお聞かせください。

エンジニアの就職・転職活動で参考にされることの多いGitHubを私は使っていなかったので、企業側からコードを見せてくれと言われた際に、スキルチェックで解いたコードとランクをすぐ見てもらえるのが良いですね。おかげで企業との間でのミスマッチもありませんでしたし、面接でも技術的な会話が弾みやすかったです。また、大手の求人媒体と比較してもエンジニアとして面白いと思う業務内容の求人がとても多いですよね。どのくらいのプログラミングスキルを求めているのかがわかりやすいのも、使いやすいと感じたポイントです。

今は自分たちの判断で製品を開発できる

――次に、現在の業務について聞かせてください。

セプテーニの広告事業を支援する「PYXIS」(ピクシス)の開発に携わっています。「PYXIS」は広告の配信結果などのデータを分析し、より最適化された広告配信を実現するためのプロダクトです。

――転職して、今の仕事でやりがいを感じる点を教えていただけますか。

前職では受託開発をやっていて、お客様の要望に応えて仕様を固め、システムを開発する仕事でした。しかし今は、自分たちの判断で製品を開発できることにやりがいを感じています。自分で決められることが多いと、苦労が多いぶんだけやりがいも大きくなります。

――今回の転職で得られたことを挙げるとするならなんでしょうか。

ひとつ挙げるなら「働きやすさ」ですが、そのもとをたどると「楽しさ」なのかなと思います。今は自分の考えたアーキテクチャをどんどん投入していけますし、そうした挑戦を称賛する文化ですから。

あとは会社の同僚を見ても、技術的な幅広い知識や興味を持っている人が多く、それも現職で楽しさを感じる理由の1つですね。

今後は開発以外の部分にも関わっていきたい

――今後についても伺います。キャリアプランについてはどうお考えですか?

弊社には技術を極めるという道もありますが、個人的にはエンジニアとして技術を高めていきたいという思いとともに、もっと企画や要求分析など、開発以外の部分でもプロダクトに関わっていけるようにならなければと思っています。

新しい事業の創出もそのひとつでしょうし、軸足はエンジニア領域に置きつつも幅を広げていきたいですね。

――それでは、転職を検討中の人へのメッセージをお願いします。

広告事業を主体とするセプテーニグループですので、エンジニアでありながら「より良い広告を作っていくにはどうすればいいか」を考えられる人材が求められていると思います。技術力はもちろん大事ですが、ニーズを把握して本当に求められているものを考えることができる人なら、企業マインドに合致してうまくやっていけるのではないでしょうか。

――ありがとうございました。

株式会社セプテーニ・オリジナルの求人

セプテーニ・オリジナル(写真)
平岩力さん(左)
株式会社セプテーニ・オリジナル 取締役
平岩さんへのインタビュー(後半)はこちらから。
高嶋隆博さん(右)
株式会社セプテーニ・オリジナル エンジニア 転職時のスキルランクはA。 
セプテーニ・オリジナル(写真)
高嶋さんは前回の転職でもpaizaをご利用いただきました。前回と今回で、企業選びのポイントはどんな変化があったのでしょうか。
セプテーニ・オリジナル(写真)
エンジニア席は上下可動式デスクを採用。立って仕事をすることもできます。
セプテーニ・オリジナル(写真)
会議室はガラス張りになっており、眺めは絶景でした。
セプテーニ・オリジナル(写真)
「今はとにかく仕事が楽しい」と語ってくれた高嶋さん。これからもがんばってください!
paiza interview Vol.15 求めたのは「働きやすさ」 エンジニアファーストの企業に転職 平岩力さん

日本のみならずアジア、そして世界へと事業を拡大しているセプテーニグループ。事業内容は主力のインターネット広告事業のほか漫画事業なども手がけており、事業拡大を続けています。そのなかで開発機能を担っているセプテーニ・オリジナルがこれからの人材に求めているものとは? 取締役でエンジニアの採用を担当する平岩力さんに伺いました。

【取締役 平岩力さん】

セプテーニグループの開発の要を担う

――まずは現在のセプテーニ・オリジナルの事業内容をお聞かせください。

大きく分けて3つのプロダクトの開発を担当しています。1つはセプテーニのアドテクノロジー領域の「PYXIS」(ピクシス)です。ここには約40人いるエンジニアのうち20人くらいが所属していて、機能などによって細かくチームが分かれています。セプテーニグループの要である広告代理事業のグロースを推し進めるためのプロダクトですね。

2つ目がグループ会社のコミックスマートが手がける「GANMA!」というオリジナルマンガ100作品以上が読み放題のアプリです。こちらのチームは15人ほどが所属しています。最後に新規のサービス開発を進めているチームに5人くらいが所属しています。

また、ベトナムに「SEPTENI TECHNOLOGY」というオフショア開発を行う会社があり、時には日本とベトナムで連携して開発を行うこともあるんですよ。

paizaからの応募者は知的探求心が強い

――なるほど。そんなセプテーニ・オリジナルでpaizaを採用しようと考えたきっかけは何だったのでしょうか。

2015年初頭、ちょうどセプテーニ・オリジナルの設立から1年ほどが経ったタイミングで、私が中途採用の担当に異動となりまして。当時はエンジニアリングの会社としてのネームバリューもなければ知名度の高いプロダクトもないし、人手もない。どんな方法でエンジニアを増やしていこうかという中で、さまざまなチャネルの1つとしてpaizaを使い始めました。現在では、エンジニア採用にフォーカスしている媒体ではpaizaを最も活用しています。

――ありがとうございます。paiza経由での応募者の印象はいかがでしょう。

エンジニアとしての質は圧倒的に高いと考えています。スキルランクで定量的に判断ができるのは、やりやすいしわかりやすいですよね。興味の志向としては、やはり知的探究心が強い、そしてギーク寄りの人が多いと感じています。

今後も積極的にエンジニアを増員

――採用で見ているポイントってどのあたりなのでしょう?

面接は段階をわけて実施しています。最初の面接は人事担当である私と、現場のエンジニアマネージャークラスが担当。ここではスキルと人物の両面を見ますが、どちらかというと人物面を重視します。つまり、企業のカルチャーにマッチするか、やりたいこと、なりたい将来像など、我々と応募者の「want」が一致するかですね。

次の段階で弊社CTOや現場のスタッフがスキル面を中心に見る面接をし、最終的には役員面接で改めて人物面を見させてもらいます。面接全体で見るとスキル面と人物面どちらかに寄ることなく判断するようにしていますね。技術が多少不足していても、はっきりビジョンを持っていてポテンシャルを感じれば、採用することはあります。あと、コミュニケーション能力については、チームで開発するのに問題がない最低限のレベルができていればいいと考えています。

――今後のエンジニアの採用方針について伺えますか?

積極的に増員していこうと考えています。これまで弊社はセプテーニグループの内部受託のような立ち位置で、3つのプロダクトに人材をアサインしてきました。しかし、今後はより自社発のプロダクトで収益を上げていくことを狙っていきます。そのため今後入社する人は新しい事業に関わってもらう可能性も十分にあると考えています。

――御社におけるエンジニアチームの働き方はどんなかたちなのでしょうか?

セプテーニからエンジニア部門を切りだして設立したので、全社員の8割がエンジニアという会社です。あらかじめ技術指針を会社で決めており、それに徹底的にこだわって開発しています。具体的には、プログラミング言語にはScalaを使い、DDD(ドメイン駆動設計)を採用したスクラム開発で進めていますね。それぞれのチームの雰囲気もよくて、みんながそれぞれ黙々とコードを書いているという感じではなく、必要に応じてコミュニケーションをとりながら進めていますよ。

やりたいことがあればどんどん提案できる

 
――エンジニア主体の社内環境ならではの取り組みなどはありますか?

毎月1回、社内交流会をやっています。ここではみんなで食事やお酒を楽しんだり、誕生日の人をお祝いしたりするんです。技術の勉強会も頻繁に開催していますし、チーム単位では技術やチームビルディングを学ぶための開発合宿をすることもあります。社内行事はけっこうやっているほうなのではないでしょうか。

こうした取り組みも、ルールを決めているというよりは「これをやりたい」「じゃあやろうか」というボトムアップでの提案から実現することが多いです。弊社ではやりたいことをどんどん言ってくれる人のほうが得をするかもしれません。

 
――最後に、転職希望者へのメッセージをお願いします。

セプテーニ・オリジナルは、「エンジニアのための会社」として、エンジニアにとって働きやすい環境づくりを目指しています。セプテーニグループとしては1000人以上の規模になっていますが、セプテーニ・オリジナル単体ではまだまだベンチャーです。今後どんどん変わっていく環境の刺激もあります。技術、プロダクト、会社が積み上げていくステージなど、さまざまな環境の変化を前向きに捉えられる人にとっては絶好の環境を提供できると思います。

そして弊社では、お互いにミスマッチが起こらないよう、面接で応募者の皆さんに、弊社について「現状、どこが良くて、どこを課題だと認識しているか」を包み隠さずはっきりお伝えするようにしています。もし求人票やこのインタビューを見て、弊社が気になった方がいましたら、ぜひ一度ご応募いただき話を聞きにきてもらえればと思います。

平岩さん、高嶋さん、ありがとうございました。

「エンジニアのための会社」というだけあり、彼らの目線で「働きやすさ」や「やりがい」を考えているセプテーニ・オリジナル。広告事業や新規事業に興味がある方はもちろん、エンジニアファーストの環境で開発に打ち込みたい人にも適した企業といえるでしょう。興味を持った方はぜひ一度同社を訪ねてみてください。

取材日:2017年7月11日
セプテーニ・オリジナル(写真)
取締役の平岩さん。エンジニアの採用を担当されています。
セプテーニ・オリジナル(写真)
今後はグループ内の開発にとどまらず、新しい事業を積極的に立ち上げていくそう。それにともないエンジニアも増員する予定。
セプテーニ・オリジナル(写真)
オープンスペースは芝が敷き詰められていて、癒しのある空間。カフェも入っています。写真奥は喫煙スペースになっており、外を眺めながら一服できます。
セプテーニ・オリジナル(写真)
お忙しい中、お時間をいただきありがとうございました!

株式会社セプテーニ・オリジナル
設立 2014年01月
社員数 50名(2015/04現在)
企業の特徴

インターネット広告業界大手であるセプテーニグループの一員として、グループ内の開発を担っている株式会社セプテーニ・オリジナル。「最高の技術力を背景に、大きなビジネスゴールを達成する組織」になることを理想に掲げ、「大きな挑戦が出来る環境」「次のチャレンジを用意する文化」「働く意欲が湧く風土」を重視しています。ベンチャーでありながら、純粋なスタートアップ企業よりもプロジェクトの幅が広く、資金にも余裕があります。一方で、大企業よりも保守しなくてはいけない資産が少なく変化に柔軟で、新しいことにも挑戦できます。

同社はエンジニア主体であり、開発しやすい環境づくりに力を入れています。ハイスペックPCを支給するのはもちろん、上下可動式デスクを採用。他にも技術書、ディスプレイ、キーボードやマウスなど、業務に必要であれば会社側が全額負担で用意します。さらに能力開発にかかる費用を会社が支給する自己啓発制度もあり、エンジニアとしてスペシャリストを目指したい人にとっては理想的な環境といえるでしょう。

ページの先頭へ戻る