企業インタビュー 株式会社コロプラ

自分磨きより「ものづくり」に
熱中しちゃった人にこそ応募してほしい。

今回取材させていただいたのは、スマートフォンゲームでおなじみの株式会社コロプラです。洗練されたデザイン空間のオフィスでの取材となりましたが、「こんなオフィスなのでキラキラした派手な会社のイメージがありますが、本当は実直な集団なんですよ」と笑う次世代部の山浦幸一郎さんにインタビュー。元エンジニアであり、エンジニアのキャリアコンサルタント職に長年携わってきた山浦さんに、コロプラで求められる人材について、そしてキャリア育成について語っていただきました。

株式会社コロプラの求人情報を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
山浦幸一郎さん
株式会社コロプラ 次世代部

書類選考なしだからこそ出会えた学生がいた

――御社がエンジニアの採用にpaizaを使おうと思ったのはなぜですか?

弊社の採用は、主に弊社サイトの採用ページや逆求人型イベントを利用しているのですが、それ以外の方法も模索していました。そろそろ別の方法で弊社が求める人材にアプローチしていきたいと考え、他のさまざまな求人サービスをリストアップしていった中のひとつがpaizaだったんです。

応募者の技術力が担保されている点がpaizaの最大の魅力だと考えています。コンテンツの会社として、エンジニアは最低限の技術力を持っていることが欠かせない条件ですが、paizaからの応募者はスキルチェックをクリアしていることもあり優秀な学生ばかりで、満足度が高かったです。

また、僕を含めた面接官は、ソースややってきたことを見ればその学生さんの技術力がわかるので、一次面接から二次面接、三次面接に進んだ際の引き継ぎがとても楽ですね。書類とともに「このくらいの問題が解ける学生ですよ」とpaizaのスキルを見せればだいたい通じるので。

――paiza新卒から応募してきた学生は、技術力以外に何か特徴や傾向はありましたか?

実際にお会いした人数は今までの方法と比べるとそこまで多くなかったのですが、コロプラに決めていただく割合はpaiza経由の学生さんのほうが高かったです。ただ、面接の印象としては、アピール下手な学生さんが多かったように感じます。これは決して悪く言っているわけではなく、一般的な面接対策や自分の売り込み方の研究などはしないで、ものづくりをずっとやってきたんだろうな、という印象を受けたということです。「ものづくりやプログラミングだったら表現できるけれども、言葉で表現することは苦手」というような。そういう学生さんは他の会社では落ちてしまうかもしれないですが、コロプラではむしろウェルカム!なんです。たとえ緊張をしていたとしても、ものづくりに必要な条件を満たしている方であれば、面談が終わった段階で「ああいう話し方は2次面接までには直したほうがいいよ」と指摘をして、次の面談に備えてもらうこともあります。たとえ面接に対しては不器用であっても、人柄が良くて素直な人だったらそこは直すことができると考えているためです。結果的に、面談が進むほど魅力的な学生さんになっていく…なんてことは結構あるんですよ。

paizaからの応募者にはエントリーシートなしのカジュアル面談を実施しました。「エントリーシートなし」での面談を最初に依頼された時はとても戸惑いましたし、「無駄な面接になるのではないか」という懸念もありました。しかし、実際に会ってみると、むしろ「書類選考なしだったからこそ、この学生さんに出会えたんだろうな」という人もいました。「そんな答えじゃ、もしこれが書類選考だったら落とされちゃうよ!」とこっちがもどかしく思うほど、優秀なのに自分の実力を謙虚に見積もっている学生さんもいるんですよ。

実際に「面接は苦手だけどプログラミングだったら戦える」と思って登録していた学生さんもいたようで、そういう方とはpaiza経由でなければ出会えなかったでしょうね。学生から見ても「paizaだったら実力で選考してもらえる」という信頼感があるのではないでしょうか。

paiza新卒からの応募者は「ものづくりをずっとやってきたんだろうな」と思う人が多かったそう。

コロプラのエンジニアはどう働いているのか

――次に入社後の働き方について伺います。御社のエンジニアは普段どのような働き方をされていますか?

大きく分けると2つあります。1つはクライアント側、もう1つはインフラ・サーバーサイド等のバックエンドです。クライアント側では、操作性や表現の部分、メモリの管理などが主な業務になります。バックエンドでは、ユーザーさまがストレスなく遊べるように、ネットワークやセキュリティなどを支えていく業務です。ユーザー数が多くなれば多くなるほど、バックエンドは当たり前のように安定していなければなりませんから、こちらの対応も絶対に不可欠です。

エンジニアとしてはこの2つの業務があるのですが、開発はチームで行います。1つのプロダクトでは、まず最初にエンジニアとデザイナー、サウンドクリエイター、プランナーといったクリエイターのスモールチームから始めます。制作を進めて、実際に出来上がったものを見て、例えば3D映像を足したほうがいいんじゃないかということになったら3Dデザイナーが入りますし、サーバサイドの開発を強化すべきということになったらサーバーサイドに強いエンジニアが入ります。このように、開発フェーズにあわせて必要な人員が集まり、チームがどんどん大きくなっていきます。

みんなでひとつのプロダクトを作るわけですから、それぞれの仕事が絡みあってブラッシュアップしていきます。エンジニアだからといって他の業務に口出ししないわけではなくて、エンジニアからデザイナーやプランナーに意見を言うことも当たり前のようにあります。「その企画だったらこういう技術が必要だ」とか「そのデザインだと容量がもたない」とか。また、逆に「こういうサウンドを乗せたいんだけど、今の技術でできるのか」と質問されたりもするので、すべてに関わる必要がある。1つのプロダクトを最高のものにするためには、全体像を把握して隣の人の仕事に関わっていくことが重要なので、全体に関わりたい、本来あるべき姿のものづくりがしたいと思っている人には最高の環境だと考えています。

若い力で「コロプラらしさ」を作り上げてほしい

――御社が新卒のエンジニアに期待しているのは、どのような要素でしょうか。

コロプラはまだ企業としては若く、中途採用のベテランたちが作ってきた会社です。そこに数年前から新入社員たちが入社し、まっさらな彼ら・彼女らがどんどん育ち、今ではプロダクトを引っ張るなど活躍しています。まさに今はコロプラの風土が醸成するフェーズであるため、新卒で入社した人には、物怖じしないでガンガン前へ出て、その若い力で「コロプラらしさ」を作り上げてほしいと思っています。もうひとつ新卒に期待するのはキャッチアップ能力です。若い人たちのほうが、新しいものに対する順応力は圧倒的に高いです。そこに意欲も吸収力もあれば、ベテランに負けない技術力やノウハウはあっという間に身につくと考えています。若い人がベテランを脅かす存在になれば、今の中堅は「負けてられない!」と奮起しますよね。そうなることで、会社全体がパワーアップします。そういったカンフル剤的な役割も担ってほしいです。

大勢のベテラン勢たちに、「技術は俺のほうが上なのに、若いやつにすごくいいものを作られた!」と悔しがられるような、「社会人になって大して経っていないのに負けられない!」と言わせるような、ものを作り上げる"勢い"を期待しています。

――そういう企業文化を作り上げる人かどうかは、面接の際はどこで判断するのでしょう?

ユーザーさまが求めているものを作りたいという気持ちがあって、物事に素直でいられるかどうかです。コロプラはコンテンツの会社なので、面白いコンテンツを作ることが使命です。面白いものを作るため、自分が成長するためには"素直さ"が必要不可欠だと考えています。自分が自信を持って作ったゲームが売れなかった時、「この面白さがわからないほうが悪いんだ」と思う人は、一生面白いものは作れません。逆に素直に受け止めて、「どこを改善すればいいだろう」と考えられられる人はどんどん伸びていきます。同様に、先輩や後輩、さらには開発に関わっていない同僚からの意見や指摘を素直に受け入れることができる人は、あっという間に成長します。

そういった、シンプルに「面白いものを作りたい」という熱意を持っている人を、コロプラは求めています。

――新卒の教育体制について教えてください。

コロプラは、ゆくゆくは「会社の中心」になる人を育てたいと思っているんですよ! 企画もできて技術もわかって、他の部署との会話にもスッと入り込めて、どこに行っても通用するようなエンジニアです。ですから研修は入社前から用意していますし、入社後には職種ごとの研修、現場での教育、各種セミナー参加などを含めて、新人教育にはとても力を入れています。また、コロプラ社内での評価もそうですが、世の中のIT業界/WEB業界において、一目置かれるようなレベルの高いエンジニアに育てるつもりで教育プログラムを組み立てているんですよ。

なので、ものづくり系のキャリア形成には申し分ない会社だと自負しています。エンジニアとして成長したい人はぜひ応募してほしいですね!

新人教育に力をいれているというコロプラ。「一目置かれるようなレベルの高いエンジニアに育てるつもりで教育プログラムを組み立てているんです」  

「人々に驚きと喜びを与えたい」人を待っています

――最後に、就職活動に臨む学生たちへメッセージをお願いします。

デバイスはどんどん進化しています。昔は携帯電話…いわゆるガラケーで、画面は白黒でポチポチとゲームをやっていたのが、今やスマートフォンが当たり前で、グラフィックもコンシューマゲームに並ぶくらい綺麗になって、プレイヤー同士の交流や位置情報などを駆使したリアルとの融合がもてはやされたりします。これからも、デバイスはどんどん変化していくと思います。

コロプラは「スマートフォンを使ったソシャゲの会社でしょ」なんて言われたりもしますが、デバイスにこだわっているわけではありませんし、俗に言うソーシャルゲームの領域を超えたコンテンツを提供しています。ヘッドマウントディスプレイ(HMDs)を使用したVR向けのコンテンツ開発にも積極的に取り組み、時代をリードできる存在でありたいと考えています。僕らは、ただ面白いものを作りたい、ユーザーさまをワクワクさせたい。自分たちが持つ技術を使って、人々に驚きと喜びを与えたいと思って日々の業務に取り組んでいます。「自分もそれをやりたい!」と思ったら、ぜひ一度、会いにきてみてください。実際に話してみたら、思っていた以上に魅力ある会社だと驚くと思います。

お忙しいなか、お時間をいただきありがとうございました!

取材を終えて

ありがとうございました。

行動指針は「結果に素直」「数字に素直」「人に素直」だというコロプラ。取材中も通りすがりの社員さんから声をかけられるなど、素直に、自然に、他者を受け入れる企業風土が伺えました。こんな職場で一緒に働きたい…そう思った人はぜひ一度求人票をチェックしてみてください。

株式会社コロプラの今後のますますの活躍と発展をお祈りしています!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「paiza新卒」を使い就職した学生、新入社員として働いている方へのインタビューに加え、
企業の採用担当者へのインタビューを掲載しています。

ページの先頭へ戻る