企業インタビュー 株式会社ビズリーチ

「また会ってみたい」と思えるのは
『ものづくりに真摯に向き合っている人』

日本最大級の即戦力人材データベースとして評価の高い会員制転職サイトを運営し、HR×Tech業界では飛ぶ鳥を落とす勢いのビズリーチ。今年から新卒採用でも技術力を評価基準に入れることになり、paizaを使いはじめたとか。そのきっかけや感触などを、新しいサービスの概要も交えながら語っていただきました。お話していただいた人財採用部の新卒採用リーダー/栗田さんは、元々はエンジニア職。システム開発から企画・サービス立ち上げにも関わってきた経歴を持つ栗田さんが、ビズリーチ社のエンジニア職について語ってくださいました。

株式会社ビズリーチの求人情報を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
栗田さん
株式会社ビズリーチ 人財採用部 新卒採用リーダー

もともとエントリーシートは重要視していない

――御社がpaizaを使おうと思ったきっかけは何でしたか?

もともとpaizaは提出されたコードを元にプログラミングのスキルランクをつけるサービスとして存じ上げていました。それが転職や就活支援をしていると知って、その中でも特にスカウトサービスに魅力を感じました。現在、世の中にはスカウト媒体はたくさんあります。その中でプログラミングスキルでセグメントできるサービスって少ないんですよね。さらに、その少ないサービスの中でもpaizaの選別基準が弊社の基準と合致すると思って、利用させていただきました。候補者が書いたコードを実際に見られますし、安心してスカウトできるんです。

――実際にpaizaで採用活動を行ってみて、感触はいかがでしたか?

僕は、エンジニアという人種は「プログラミングは多様なものづくりの手段のひとつ、と捉えている人」と「純粋にプログラミングが好きで仕方がない人」の2種類のタイプがいると思っているのですが、paizaから応募してきてくれた学生さんは後者の「プログラミングが好き」からスタートしたタイプが多かったですね。他媒体と比べると、そこが大きく違っていました。

今までの募集では、現在の技術力は重視せずに、採用してから研修プログラムの中で育てていました。が、今回から技術力を重視して、ある程度プログラミング経験のある学生をより多く採用しようということになり、paizaを使ってまずはBランク以上の学生さんと会いました。こういった使い分けができればミスマッチを防ぐことができるので、paizaのサービスはありがたいですね。

――paizaではエントリーシートなしのカジュアル面談をお願いしていますが、不安はありませんでしたか?

弊社は、もともとエントリーシートを重要視していないんです。職種や応募経路によって選考フローは変わりますが、会社説明会だけにとらわれず、できるだけ多くの学生さんと面談機会を持つようにしています。

paizaからの応募だとスキルランクがわかるので、会社側として不安は全くありません。

「モノを作るだけの人」で終わってほしくない

――御社が求めるエンジニアとは、どのような人材でしょうか

エンジニアに限らず、デザイナーなども含めたものづくり系の職種全般に言えることなのですが、ビジネス視点を持った人がいいですね。弊社はモノを作っただけではビジネスは回らないと思っています。またエンジニア個人としても、『モノを作るだけ』の人で終わってほしくないと思っているんです。エンジニアという職種は、10年前と比べると憧れの職業になってきたのを感じます。オンラインの学習サービスも増えましたし、裾野はどんどん広がっている。しかし、その分表面をなぞっているだけ、コードをコピペして動かすだけ、そんな学生が多くなっていることも事実です。弊社が求めているのは、「なぜ動くのか」「どうしてこうなっているのか」と考えられる人、つまり「ものづくりに真摯に向き合っている人」です。そうやって深く考えることが、技術を深めるのと同時にビジネス視点にもつながっていくのだと思います。

とはいえ、最初から技術力・ビジネス視点の両方のスキルが高い人はそうそういません。なので、技術力が高い人、ビジネス視点をしっかり持てる人、バランスよく役割分担ができればいいと思っています。

だからといってそんなに明確に区別しているわけではないのですが、paizaからの応募者は、現在もっている技術力が高く、プログラミングが純粋に好きな人が多かった気がします。そんな中で、技術者気質を持ちながらも物事の本質に向き合い、ビジネス視点を持とうとしている学生には「また会ってみたい」と思いますね。

あとは、自走できる人でしょうか。自分で走ることができる人。例えば、上司に仕事を任された時、ただ言葉の通りに処理をするだけではなくて、「この仕事はなんのためにやるのか」「なぜこの仕事が自分に振られたのか」を考えながらできる人が望ましいです。学生でもできる人はできるものです。バイトでも研究でも、壁にぶち当たった時に何を考え、どういう行動をとってきたかによるでしょう。そういった『自分で考え、走ることができる』学生は、きちんと育成すれば120%成長できますから。

緑の多いオープンスペース。芝生が敷かれ、まるでテラスのようでした。

エンジニアも企画段階から携わる

――社内のエンジニアは、いつもどのような体制で働いているのでしょうか?

基本的には、企画・エンジニア・デザイナーのスモールチームで業務を行っています。企画が「マーケティング的にはこの機能が必要だ」と言っても、エンジニアから「いや、それは本当に必要なのか?」という疑問が上がるなど、議論は頻繁に起こります。エンジニアといえども企画の段階からガンガン携わってきますよ。

また、弊社では「キャリアカンパニー」と「インキュべーションカンパニー」という2つのカンパニー(事業部)を設けています。どちらも「ユーザーに最適な課題解決を」という信念に変わりはないのですが、運営事業が違います。「キャリアカンパニー」は現状の収益を支える既存事業を中心とした組織で、「インキュべーションカンパニー」は新規事業をエンジニア主体で生み出す組織です。

――ビズリーチさんの、今後の事業展開はどのようなものがあるのでしょうか?

弊社は、今は『HR&テクノロジー』という分野で事業を展開しています。おかげさまで多くの方にご支持いただくサービスを多く展開できていますが、これは中期的なビジョンにしかすぎません。弊社が描いている世界観は、HR×Techの根底にある、「インターネットの力で世の中の選択肢と可能性を広げる」ことです。それに紐づくものは全て事業領域に入っています。最初に疑問を感じ課題解決のために立ち上げたのが転職サービスだったので、まずそこから周辺の足場を固めていますが、見ている世界はもっと大きいんです。

2016年6月に立ち上げた「HRMOS(ハーモス)」というサービスは、僕個人としてもすごく面白いアプローチだと思います。人材採用・育成、評価、退職までを人工知能のサポートによって最適化するクラウドサービスです。採用担当者のやるべきことは採用だけではなく、戦略的な経営サポートであるべきだという思いを形にしたものです。

例えばある学生の面接で、Aの項目は9点、BとCの項目は70点だったとします。その後入社して、1年後にその彼が活躍した時、その活躍は面接の時のA・B・C項目の何に起因するのか。人工知能により、その判断ができます。もしAに起因するものだとしたら、翌年の面接ではBやCの項目は重要視しなくてもよいかもしれない。最後は人間が判断することに変わりはないですが、人事採用の作業効率がかなり上がりますし、自社の採用基準もより明確になっていきます。とても面白くて、やりがいのあるサービスですよ。

やりたいことがある人は、面談で話してみてほしい

――最後に、就職活動中の学生へ向けてメッセージをお願いします。

弊社もそうですし、世の中には革新的なサービスを生み出している企業がたくさんあります。そのサービスに憧れて応募する人も多いでしょう。もちろん、「『HRMOS(ハーモス)』に惹かれて応募しました!」と言ってもらえると嬉しいですが、仕事の本質はそこではないと思っています。「このサービスがやりたいから」で入社したら、もしその技術が廃れた時はどうするのでしょうか。自分は本質的に何がしたいのか、何を成し遂げたくてその技術を習得するのか。そこを見極めて、職を選んでほしいですね。

お忙しいなか、お時間をいただきありがとうございました!

取材を終えて

ありがとうございました。

「モノを作っただけではビジネスは回らない」という言葉があったように、エンジニアにもビジネス視点が求められるビズリーチ。研修や勉強会も充実しており、入社後に成長できる環境が整っています。paiza新卒経由で内定を獲得した学生さんが大活躍するのも時間の問題かもしれませんね! 株式会社ビズリーチの今後のますますの発展をお祈りしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「paiza新卒」を使い就職した学生、新入社員として働いている方へのインタビューに加え、
企業の採用担当者へのインタビューを掲載しています。

ページの先頭へ戻る