企業インタビュー 株式会社リブセンス

学ぶ意欲の高い「ラーニングアニマル」
たちに囲まれ、成長できる環境です

今回取材したのは、転職サイト「転職ナビ」や新卒就職活動のサポートサイト「就活会議」をはじめ、不動産情報サービスや医療情報サイトなど幅広いサービスを運営している株式会社リブセンスです。

お話を伺ったのは、人事部の渋谷篤史さんです。採用では、エンジニアとしてのセンスやポテンシャルはもとより、コーポレートビジョンとのマッチングを大事にしているという同社。「学ぶ意欲の高いエンジニアが集まる」という同社の文化や気質についても含めて、さまざまなお話を聞いてきました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社リブセンス 人事部の渋谷さん

paiza新卒でギークな学生と出会えた

――まず、paizaを使いはじめたきっかけから教えてください。

エンジニア職の面接をしていくなかで、「参加される方の技術力を知っておきたい」という声が社内からあがってきていました。ちょうどそのころに営業に来ていただきまして、まさに求めているモノとマッチする媒体だということで使い始めました。

――実際に使われてみて、応募者に対してどういう感想を持たれましたか? 

媒体の特性なのでしょうか、本当にコーディングが好きでコードを書くことに対して意欲が高い学生が多い印象です。一方で「なぜリブセンスなのか」が定まっていない学生も多いですね。面談していて「この子は伸びるかも」と感じた場合は、面談後、個別に私が面接対策の時間をとり、サポートすることもあります。

――paiza新卒経由で採用された新卒の方は、どんな印象ですか? 

「ザ・ギーク」な方でしたね(笑)。最初の面接の時から、技術が大好きでギーク感丸出しでした。エンジニアとして技術を楽しそうに話す姿勢も含めて、ギークであることをポジティブに捉えている人だったように思います。あとは、学び続ける意欲の高さも含めたバランスの良さが評価につながりました。

見ているのは「自分の技術を世の中にどう還元したいのか」

――御社のエンジニア採用で見ているポイントを教えてください。

何よりも大切にしたいと考えているのは、弊社の理念やビジョンに対する興味やマッチ度です。あとは、思考体力、思考する癖がついているかどうか。そのうえで技術力があればなおよしですが、現時点での技術力というよりは、技術者としてどれだけポテンシャルがあるかをより見ていますね。

――理念やビジョンへのマッチ度とは、具体的にどんな素養を持っている人でしょう。

一番は社会課題を解決することに対してどれだけ意識を持っているか、自分が持っている技術を世の中に還元しようと考えているか、になります。学生時代の研究や自主制作でも構わないので、技術を使ってどんな課題を解決したいと思い、実際にどういう解決策を自分で導き出したのか。過去に課題にどういうアプローチをしてきたのかを面接で見ています。

――こういう実績を持っていた方を採用したなど、具体的なエピソードはありますか?

総合職のインターンに参加してMVPになり、その後に本選考でも内定を出した人がいるんですが、彼もなかなか面白いです。大学時代に起業もしているようなビジネス寄りのタイプだったのに「これからの時代は技術力が必要なのでそちらを学びたい」と言ってエンジニア職で選考を受け、来年入社してきます。

技術的に実績がある人の採用だけではなく、一定数にはなってしまいますが、プログラミング未経験からエンジニアを志す学生の受け入れもしています。

――スペシャリスト志向とサービス志向、よりどちらのタイプを採りたいなどありますか? もしくは、将来的に会社を担ってほしいといった要望などあるのでしょうか。

スペシャリスト志向かサービス志向かでいうと、採用の時点でどちらかのタイプを重視しているというのはないですね。入社後にそれぞれ自分の得意分野を伸ばしてもらいながら、将来は各事業部のリーダーやトップになっていってほしいという思いがあります。

――paiza経由で応募した場合、どういうフローで選考されていますか? 

こちらからスカウトメールをお送りして、反応していただいた方に対して人事部が面談をします。この面談は会社を理解してもらう機会として考えています。そのうえで本選考に進む判断をしてもらった学生さんから案内をさせてもらっています。最初にエントリーシートを提出していただき、その後に3回の面接を経て、内定という流れですね。面接官は現場のエンジニアが担当しますので、技術面の素養もしっかり見させていただきます。

エントランスのすぐ横にある緑の多いオープンスペース。一見カフェのような雰囲気のなか、会議や打ち合わせなどがおこなわれていました。

月イチのLT大会をはじめ、ほぼ毎日何かの勉強会が

――続いて、入社後の研修について教えてください。

内容は毎年変えているのですが、2018年入社組に関しては基礎的な技術研修を設けます。最初の1ヵ月は総合職と一緒にビジネスマナーなどの新入社員研修をやり、その後に各職種ごとの研修に移ります。エンジニアについては、人それぞれで入社時点での実力差があると考えているので、研修も個々で異なるものになってくるのではないかと想定しています。研修なしで現場に配属される社員がいる一方で、きちんと研修を数カ月にわたって受けてもらう社員もいると考えています。ただ、当然ですが研修期間の長さで優秀かそうでないかを判断するつもりは一切ありません。大切なのは現場での実践レベルに到達し、エンジニアとして活躍してもらうことだと考えています。

――社内での勉強会などは開催されていますか?

弊社のエンジニアは、自分たちのことを「ラーニングアニマル」なんて呼んでいるくらい、学ぶ意欲が高いんです。大規模なモノから少人数のモノまで、エンジニアが開催する勉強会は毎日、何かしら開かれています。誰かがこれを勉強したいと思って手を挙げたら、そこに乗っかってくる人が出て勉強会になっていく。−そういうことが日常的に起こるような文化です。

特に大きなものだと、月イチで開いているLT(ライトニングトーク)大会があげられます。お酒を飲みながら、就業後の19時半から22時近くまでやる、かなり本格的なものです。毎回テーマが決まっていて、それに沿って自分なりの解釈を発表してもらいます。参加者は毎回20人前後、そのうち10人ほどがLTの発表者になります。最近はまた新しい波が起きていて、文系の総合職で入社した社員が自主的にこの会に参加するようになってきました。先日も「自分なりにデータベースとは何ぞや、ということを調べてまいりました」みたいな感じでトークしていましたね。

――エンジニア職以外の方から、「出たい」という声があがるんですね。

そうですね。もともと弊社には総合職でも「SQLを叩きます」みたいな文化がありますから。最初は、「月1回だし、飲み会だから」みたいな感じで参加したみたいなんですが、参加してみると予想以上に楽しかったみたいで。そのあとも毎月参加するようになり、いつの間にか自分でも発表するまでになっていますね。

エンジニアには4つのキャリアパスを用意

――エンジニアとしてのステップアップには、どのようなコースが用意されているのでしょうか。

大きく分けると、「スペシャリスト」「テクニカルリード」「エンジニアリングマネージャー」「プロダクトエンジニア」という4つのキャリアがあります。

「スペシャリスト」は、特定の技術領域において力を発揮する、技術に特化して突き進んでいくようなタイプ向けのキャリアです。次に「テクニカルリード」は比較的スペシャリストと近いのですが、他のメンバーとコミュニケーションをとりながら、コードや設計のレビューを通して技術面でチームを引っ張っていくようなタイプですね。

「エンジニアリングマネージャー」は、エンジニアが心地よく働ける環境を創るための問題解決やチームビルディングなど、どちらかと言うと組織や体制づくりを担っていくキャリアを積むコース。最後に「プロダクトエンジニア」は、プロダクトマネジメント(商品企画)とエンジニアリングの掛け合わせ領域で活躍する人で、「プロダクトをどうスケールさせていくのか」という視点を持ちながら実際の開発までしていくようなタイプになります。

――役割が明確になっていて、エンジニアとして働きやすそうですね。次に、現在チーム全体の人数はどのぐらいですか?

エンジニアのみでいうと、正社員で80人です。弊社は事業部制をとっていて、基本的にはそれぞれの事業部にエンジニアが在籍しています。現在は「転職会議」「転職ナビ」「転職ドラフト」といった転職領域のサービスを運営する事業部に在籍するエンジニアが最も多いですね。あとは、アルバイト求人サイト「マッハバイト」を運営しているアルバイト領域や、不動産領域などでも活躍しています。さらに、それらとは別に、インフラエンジニアとデータ分析系エンジニアもいて、彼らは横断的に全社の各事業部に関わっています。

――開発体制も事業部によって違うんですか? 

ボトムアップで文化や体制を作っていくやり方をよしとしているので、チーム毎に自分たちがやりやすいようにやりましょう、という考え方です。開発言語も全社的にこれと決めているわけではなく現場の裁量に任せていますが、結果的には多くの事業部で言語はRuby、フレームワークはRuby on Railsを採用している状況です。

――さきほど4つのエンジニアの職種を伺いましたが、企画にはどれくらいかかわるのでしょう?

そこはやってもらわないと困ります、という文化ですね。ただ上から降ってきたものをやるのではなく、企画の段階から一緒に議論したり、ディレクターらが出してきた課題をみんなで議論したりして進めていきます。サービスを良くするために、ユーザーのために何ができるかを考えられるかが重要です。一般的に組織が成熟してくると、よりエンジニアリングの比率が高まってくるものですが、弊社としては、それでもできる限りエンジニアも企画に携わってほしいと考えています。

毎月のLT大会を中心に、毎日のように大小さまざまな勉強会が開かれている同社。会社主導ということではではなく、学ぶ意欲の高い社員たちによって自主的に何かの勉強会が開かれているそう、

業務システムやデータ分析基盤も自社内で開発

――ここで改めて、御社の事業内容を簡単にご説明いただいてよろしいですか? 

弊社は東証一部に上場しているWebベンチャーになります。大きくは求人・人材系のHR領域と不動産、医療、そしてアルバイトという4つのカテゴリーを軸としています。

われわれは「あたりまえを発明しよう」というビジョンを掲げているのですが、基本的には、課題解決型でビジネスを作っていきます。これは4つの業界に限る話ではなく、ある業界に問題があってわれわれのテクノロジーで解決できるのであれば、そこに対しても技術を持って解決していく姿勢を取っています。実際に医療情報サイト「治療ノート」でいうと、これまでに参入していない領域でしたが、社内のビジネスコンテストで通った案としてサービスがスタートしています。

――現在注力している事業を教えてください。

今は特に不動産領域に注力しています。最初にアルバイト領域から事業をスタートさせて、転職領域の「転職ナビ」や「転職会議」がスタートしたことで転職領域にも広がっていきました。現在はそれが不動産領域で起きている状況です。

もともと「DOOR賃貸」というサービスが7年前からあったのですが、2015年になって「IESHIL」という機械学習やAIを用いたマンション価格比較サイトがスタートし、そこから不動産仲介専用の営業支援ツール「IESHIL CONNECT」も立ち上がりました。これはリブセンスにとしては初となるBtoB領域に特化したサービスです。このように、現時点では従来からのHR領域に加えて不動産領域で事業を拡大していくイメージです。

――御社の企業としての強みを挙げるとすればどんな点になりますか?

面接に来ていただいた学生さんに話しているのは、自前主義であるということ。メインのサービスはもちろん、例えば、社内のカスタマーサポートや営業担当が使っている業務システムや、データ分析基盤も自前で作っています。ユーザーが自分の手がけたプロダクトを使っているのがはっきり見えるので、エンジニアにとっては魅力的な環境だと思います。

あとは、意外と知られていないんですが、リブセンスにはデータ系の専門部署があります。去年あたりからAIや機械学習といった話が盛んに話題に上がるようになりましたが、弊社の専門部署は5年ほど前からあります。そうした最新技術に触れられる環境もありますので、面白いのではないでしょうか。

――実際にこの会社にお勤めになっていて、肌で感じるこの会社が持つ強みや魅力には、どういうものがありますか? 

誤解を恐れずにいえば、技術力の高さでしょうか。何かに特化して「これが強い」というものがあるわけではなくて、まんべんなく一通りの技術力が高いように感じます。インターンに参加してくれた学生さん達の印象として、「技術力がすごいです」というコメントをいただくことが多いですね。あとはちょっと変わった人が多いかな。社内のメンバーに聞くと、みんながみんな「自分は普通だけれども、周りはちょっとおかしい」って言いますね。つまり、みんなおかしい(笑)。

オフィスも見学させていただきました。天井にはコーポレートカラーの青色が配されていて、さわやかな雰囲気のオフィスでした。

職種にとらわれずジャンルを越境する文化

――他に御社の制度や文化で特徴的なことはありますか?

先ほども少し話をしましたが、「越境」という考え方が根付いていることですね。営業担当がSQLを叩きます、だけでなく、エンジニアがデザインの勉強をしたり、逆に総合職がプログラミングを学んだりもしています。それは職種の垣根を超えて、文化として根付いていますね。

他には、「ほんとうに難しいお昼ご飯」、通称「ほんむず」という発表会があって、それもなかなか面白いです。エンジニアに限らず、発表者が誰にもわからないレベルのディープな話をして、みんなはそれを聞きながらお昼ごはんを食べるという会です。

――それはまた変わった会ですね……。

だいたい、参加者の半分くらいはポカーンとしています(笑)。でもそれが正しいんです。いかに難しい話をして、みんなをポカーンとさせられるかが趣旨でもあるので。むしろ、みんなにわかりやすい話をしたら負けです(笑)。今までで一番ポカーンとしたのは、「ほんとうに難しい『器官なき身体』」という哲学の話。創業メンバーがやったのですが、ほんとうに誰も理解できなくて。「これが見本か」と思いましたね(笑)。

――でもそこから興味をもって視野が広がる方もいるでしょうし、面白い試みだと思います。

あとは、社内で「EGG」というビジネスコンテストもやっています。各回で何十というビジネス案が出てきますよ。職種・社歴に関係なく、企画はフラットに審査されます。やる価値を認められて実際に事業化した例がいくつもありますし、エンジニア発で事業化した例もあります。

――日ごろから課題感を持ってものづくりをしている人にとってチャンスが多そうな環境ですね。それでは最後に、御社に応募を検討されている学生に向けて、メッセージをお願いします。

学ぶ文化や職種の垣根を飛び越える文化などが根付いている会社ですから、一つのことにとらわれずに学び続けることができ、成長できる環境だと思っています。エンジニアである以上、技術に対する愛や技術力を高める意欲はすごく重要視しています。逆にそれがないエンジニアは、どこかのタイミングで成長が止まってしまうと思います。そのうえで、身に着けた技術力を何に使いたいのかがはっきり言える人とお会いできるといいですね。しっかり学ぶ覚悟と社会を変える意義、意欲を持っている方をお待ちしています。

お忙しいなか、お時間をいただきありがとうございました!

渋谷さん、ありがとうございました。

学ぶことに貪欲なエンジニアが集まるリブセンス。常に止まることのない技術革新に対応するためにも、飽くなき探求心はエンジニアにとっての必須要件だと感じました。周りと切磋琢磨しながら、世の中に新しいサービスを提供したい、世の中の課題を解決したいと考えている方は、ぜひリブセンスの求人票をチェックしてみてはどうでしょうか。

株式会社リブセンスのますますのご発展をお祈りしております。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「paiza新卒」を使い就職した学生、新入社員として働いている方へのインタビューに加え、
企業の採用担当者へのインタビューを掲載しています。

ページの先頭へ戻る