paizaで転職された方の声

実務未経験でもスキルで勝負できた フリーターからエンジニアに転身

paiza interview 実務未経験でもスキルで勝負できた フリーターからエンジニアに転身 竹下恭平さん

今回はシステム開発事業を展開する株式会社i-Vinci(アイヴィンチ)にお伺いしました。お話を聞いたのは、同社の代表取締役を務める川下洋治さんと、EN:TRYを使って同社にエンジニアとして入社された竹下恭平さんです。

大学卒業後、アルバイトをしながらアプリ開発者を志し、地元の広島で個人プログラマとして活動していたという竹下さん。紆余曲折を経て現在は上京し同社で活躍しています。職歴も、企業におけるエンジニアとしての実績もなかった状況から、paizaを活用して念願のエンジニアへと転身できた秘けつは何なのか、聞いてみました。

また、後半では川下さんに、同社で業務未経験者を見極める際のポイントや、今後の同社の展望などについて伺いました。

※川下さんへのインタビュー(後半)は こちら から。

※株式会社i-Vinciの求人情報は こちら から。(ログイン時のみ)

【転職者 株式会社i-Vinci エンジニア:竹下恭平さん】

大学卒業後は個人のアプリ開発者として活動

――現職に就かれるまでにプログラミング経験はありましたか?

はい。プログラミングを始めたのは大学入学後でしたが、大学では情報系の学部でした。そこでプログラミングの面白さを知り、大学在学中の後半には、これを仕事にしたいと思っていましたね。卒業研究では、自分でプログラミングして書籍のレコメンドシステムを作ったりもしていたんです。

――そんな竹下さんが、大学卒業時、就職活動をしなかったのはなぜなのでしょう?

最初は個人でアプリ開発者として成功したいと思っていたんです。自分の力がどこまで通用するか確かめてみたい気持ちもありましたし。当時は一人でiOS用のアプリやWebアプリなどを作っていました。そうやって個人アプリ開発者として活動していたのは、だいたい2年ほどでしょうか。

――2年ほど個人で活動されて、このタイミングで就職活動をしようと思った理由をお聞かせください。

個人で活動していた2年間で、自分の実力、身の程を知ったような気がしていて。エンジニアとして働きながら、自分に足りないものを補っていきたいと思ったのが大きな理由です。そして、自分がそれまで住んでいた広島では、東京のようにプログラミングの勉強会が盛んに開かれているわけではなかったので、プライベートでも、これまでよりスキルアップできる環境に身を置いたほうがいいと感じていました。

――実際に就職活動をしてみてどうでしたか?

実は2回の期間にわたって就活をやったのですが、とても苦戦しました。技術力は十分にあるけれど、コミュニケーション能力が不足していると言われることが多かったです。あとは成果物での目立つ実績があればよかったのですが、それも足りていませんでした。

カジュアル面談が就職活動のイメージを変えた

――次に、paizaを知ったきっかけを教えてください。

広告で「自分のコーディングスキルを測れる」というのを見て知りました。当初は就職を見据えてというより、スキルチェックがやりたいと思い使っていましたね。

――paiza以外に使った求人媒体はありますか?

ほとんど使っていないです。自分の強みはプログラミングができることくらいしかなかったので、自分が就職活動でアピールしやすい媒体はここだと思い、paizaばかり使っていました。

使ってみて感じたのは、カジュアル面談がすごくやりやすかったこと。就職するという本来の目的に加えて、企業の方々と接することでエンジニアとして良い刺激を受けました。正直、それまで就活というものにあまりいいイメージがなかったんですよね。面接でマニュアルっぽい回答を覚えて形式ばった質問に答えていく、みたいなのがとても嫌いで。でもpaizaは、そういうことを意識せずに話せるカジュアル面談だったので、それはとてもよかったです。

――今回の就職活動中にはどんな会社に応募しましたか?

まずエンジニア職以外は考えていませんでした。実務経験がなかったので、未経験でも応募できる会社を探して、ちょっとでも良さそうだと思った会社は片っ端からカジュアル面談を申し込んで雰囲気を見ていくようにしました。やはり求人数では東京が圧倒的でしたので、東京の会社ばかりに応募していました。

――多くのエンジニア職がある中で、今の会社に入社したいと思った理由は何でしたか?

最初に社長と面接をしたときに、とても話しやすい人柄にひかれました。そして、それまでに独学でPHPの勉強をしていたこともあり、ちょうどPHPの使える人材を募集していた会社側とうまくかみ合っていたのも大きいです。今でも個人的に自信がある言語はPython2系とPHPですね。

エンジニアになってみて知った仕事の難しさ

――次に、入社後について伺います。まず、今の業務内容について教えてください。

運航管理業務にかかわるシステムの開発に携わっています。開発だけでなく、仕様書やテストケースの作成なども手掛けるポジションです。

――プログラミング経験はあるといっても初のエンジニアとしての仕事は大変かと思います。入社後には研修などあったのでしょうか。

はい、入社してすぐ研修がありました。3カ月の期間で、ビジネスマナーやPHPの習得をメインに学びましたね。PHPはもともと勉強していましたが、CakePHPを使っての作業の習得などを重点的にやりました。ここでも自分の技術的なスキルがかなり伸びたと感じています。

――研修後に実際に開発業務に携わってみて、入社前と現在で、エンジニアのイメージは変わりましたか?

思い描いていたものとは、結構違いました。エンジニアはみんな、あまりコミュニケーションをとらずにガリガリとコードを書いているものかと思っていましたが、実際にはコミュニケーションがとても大事な職種でした。実際に働いてみて、チームで仕事をすることの難しさを痛感しています。

――エンジニアとして将来目指したいことを教えてください。

自分でサービスを作りたいという思いは今もずっと持っていますし、趣味のアプリ制作は続けていきたいですね。まずは、この会社の社内システムを自分で作れるようになれればと思っています。

――竹下さんと同じように未経験からエンジニアを目指す人たちへ、アドバイスをお願いします。

プログラミングをやっていて、どんな小さなものでも完成すれば達成感がありますよね。そこに喜びを感じられる人であれば、エンジニアに向いていると言えるのではないでしょうか。完璧を求めすぎて何も作れないよりは、まずは粗削りでもいいので作ってみることが大事。かつての自分もその点での踏み込みが甘かったのを反省しているんです。

あと、一般的な就職情報サイトよりpaizaのブログ記事を読むほうがためになりました。応募者視点ではなく、企業側がエンジニアに求めているのが何なのかを解説してくれていたのがよかったです。自分を客観視できて、就活でとても役立ちましたよ。

――ありがとうございました。

株式会社i-Vinciの求人

i-Vinci(写真)
川下洋治さん(右)
株式会社i-Vinci 代表取締役社長
川下さんへのインタビューはこちらから。
竹下恭平さん(左)
株式会社i-Vinci エンジニア
採用時のpaizaスキルランクはA。
i-Vinci(写真)
i-Vinciに入社されるまでは広島で個人でアプリ開発をしていたという川下さん。
i-Vinci(写真)
すでに研修を終えて開発に携わっているものの「エンジニアとして足りない部分がまだまだたくさんある」と感じる日々だそう。
i-Vinci(写真)
「家族は本当は地元で就職してほしかったみたいですが、東京へ行くと伝えたら応援してくれました」
i-Vinci(写真)
「入社前は黙々と個人で仕事をしているのかと思っていましたが、実際には『ホウ・レン・ソウ』が大事な仕事なんだなと。チームで開発することの楽しさと難しさを感じています」
i-Vinci(写真)
仕事でもプライベートでも開発に意欲を燃やす竹下さん。これからも頑張ってください!
EN:TRYリンク

paiza interview  実務未経験でもスキルで勝負できた フリーターからエンジニアに転身 川下洋治さん

職歴のない状態から自分のプログラミングスキルだけを武器にエンジニアへの道を選んだ竹下さん。そんな彼を受け入れ、より成長させ続けている「東京のお父さん」とも呼ぶべき存在が、i-Vinci社長の川下洋治さんです。社長という立場から若いエンジニアたちをどのように見ているのか、聞いてみました。

【企業側 株式会社i-Vinci 代表取締役社長:川下洋治さん】

実務未経験でも自学自習している人は評価

――実際にEN:TRYを使っていただいて、応募者の印象についてどう感じていますか?

技術について自学自習できている方が多いので、それは大きなポイントだと思います。BランクやAランクならきちんとやれているかな、と感じます。Cランクの場合は、そこからの伸びしろがあるかを見ていますね。それと、技術力を抜きにした社会性については、応募者によってそれぞれ大きく違うと感じています。

――今回インタビューさせていただいた竹下さんについては、どういったところを評価されましたか?

面接をしてみて、素養はあるなと思いました。彼はとにかくコンピュータが好きで、プログラミングが好きですから。初めて面談したときに、こういう成果物を作ってみたらどうか、とアドバイスしたところ、次の面接ではさっそく作ってきたんですよね。それにはやる気を感じました。

プログラミングはきちんと教えて指示すれば実務にも対応できそうだと思ったし、未熟だった社会性もしっかり指導すればもっと伸びそうだなと。なにより、広島から東京に単身で出てきた覚悟を評価しました。

―― 「何かを作ってくるように」というアドバイスはよくするのですか?

面談や面接でそういうアドバイスは頻繁にしています。たとえば、今回の選考では残念ながら不採用だけど、やる気があって課題に取り組んだなら後日もう一度面接しますよ、ということもありますし。でも、竹下くんのように本当に持ってくるのはけっこう珍しいです。

我々エンジニアというのは、デスクワークでありながら「ものづくり」の仕事。日頃の暮らしを見渡しても、さまざまなサービスに必要とされていて、世の中に貢献できていると実感できる職業です。エンジニアになりたい人であれば、まっすぐに開発に取り組んで、ものづくりを通して世の中をよくしていく気概を持ってほしい。自分が技術畑出身というのもあって、ものづくりへの姿勢はしっかり見ていますね。

採用で見ているポイントは?

――次に、採用全体のことについて伺います。まず、選考では若い人のどんなところを見ていますか?

たとえば未経験、あるいは経験1~2年の若手であれば素直さ。とにかく人柄重視ですね。これからはもう少し、社会性やコミュニケーション能力についてもしっかり見ていこうと思っています。我々はお客様のところにいって仕事をするので、ある程度の社会性は持っていてほしいですね。

技術面ではデータベースは必ず使うので最低限それが扱えるくらいであってほしい、というのはありますが、結局は技術やそれを使う仕事が好きかどうかですよ。技術は教えればなんとかなりますから。それを身につける素養があるか、単純に技術が好きかが重要になってきます。

――未経験者も多く採っていますが、経験者の採用はどれくらい行っていますか?

経験者も積極的に採りたいとは思っていますが、なかなか難しいですね。paizaさんを含めていろいろな媒体を使っていますが、スキルのある人は競争率が高く、簡単には採用できないのが現実です。おかげさまで若手が充実してきたので、彼らを束ねる経験者があと4、5人いてくれると会社組織としていいあんばいになると思っているのですけどね。今は育成に重きを置いて、そういうポジションを務められる社員を育てています。

未経験者でも入社後にしっかりと研修

――入社後、実際に現場で仕事をするようになるまで、どのような研修をしていますか?

未経験者であれば、まずC言語から始めて、その後に業務で使う言語を学んでもらっています。一口に未経験といっても、竹下くんのように独学で長くやっている人もいますし、ひとりひとりレベルは違います。ですから、研修もそれぞれに合わせてやっていくスタイルですね。本当に未経験者だった場合、長いと7カ月くらい研修することもありますよ。研修を経て、指示されたことをきちんと理解して作れるようになれば一人前とみなしています。技術があっても要件の理解がちゃんとできていないのであれば、それはできないのと同じですから。

――最長7カ月とは、かなり手厚く研修をするのですね。

けっこう根気強く育てないといけないですから、リーダークラスには常に「諦めるな」と言っていますよ。我慢して育てたからこそ、いま頑張れているメンバーもいる。今、竹下くんを教えているリーダーも、エンジニアとして最初は苦労していたけど、努力を積み重ねて現在があります。

そして、自分でやる気を出して本気でスキルをつけたい人には会社からしっかりと補助を出します。そうして身につけたものを会社に還元してくれるなら、そこを惜しむ理由はありません。社員のためにe-ラーニングも導入しましたよ。

――業務の性質上、現場の社員とコミュニケーションをとるのが難しいのではないかと思いますが、実際に御社ではどうやっているのですか?

彼らと毎日会えるわけではありませんが、マネージャー層とは定例でミーティングをしながら、常に業務の状況を把握するようにしています。また、たまに社員を集めて、今のIT業界を取り巻く環境や技術的な話を直接する機会も作っています。そういう仕組みも含めて、起業から5年かけてようやく体制が整ってきたところです。

若い人が働く会社としてのスタンダードを作ろう、彼らが納得できる会社を作ろうという思いでこの会社をやってきました。そういう思いがあるので、うちの会社のスタイルはトップダウンじゃなくてボトムアップでありたいと思っています。これは、私自身がやらされてる感のある仕事をするのが嫌いだからというのもあるのですが(笑)。自分もエンジニア出身なので、そのときの感覚は今も大切にしています。

今いる社員が将来も安心して働ける環境を作っておきたい

――現在の事業内容と今後の展望をお聞かせください。

今は受託で仕事をしてもらっていますが、いずれは社員のやりたいもの、作りたいものを、自社製品としてやれるようにしたいと思っています。これを単なる夢じゃなくて、現実的な目標としていきたい。そのためには、受託でもう少し企業体力をつけて、その先に自社開発があるのでは、と考えています。

――やりたいことをやれる会社に、ということですね。

タイプは人それぞれですから。可能性をいっぱい作ってあげられる会社にしたいと思っています。中小企業であっても65歳まで働ける環境を作りたいし、それにはSESだけではなかなか厳しいでしょう。起業したときから、会社が大きくなってきたらゆくゆくは自社開発に移行していきたいと思っています。

将来僕がいなくなっても、今いる社員が20年後、30年後にも安心して働ける、居続けられる環境を作っておきたい。SESだけでいいと思っている会社でも続いていくとは思うけれど、いずれは高度化するかワーカー的な仕事になっちゃうかの二極化を迫られる時代が来ると思うのです。そうなったときに今の社員が困らないように道筋をつけておきたいという思いがありますね。

――最後に、エンジニアを目指す方へのメッセージをお願いします。

いまや、ITの仕事はなくてはならないものになっています。これからエンジニアになろうという人たちは、単純に「プログラミングをやりたい」というだけのつまらない考えを持っていてはいけません。システムはプログラミングだけではなく設計やテストなど多くの工程があって作られているということを常に意識しておくべきです。その上でものづくりがしたいという人に、ぜひエンジニアになってほしい。現在は一気通貫でシステムの開発を経験させられる現場が減っていますが、やはりそういう環境がないとなかなか人は育たないですよね。だからこそ、自分たちでそういう環境を作らないといけないかなと思っています。一緒にがんばりましょう。

ありがとうございました。

プログラミングスキルだけを強みに単身上京した竹下さんと、彼を叱咤激励しながら見守る川下社長。会社や社員の将来のことをしっかりと考えている経営者のもとで、エンジニアとして第一歩を踏み出した竹下さんの、今後のますますの活躍を期待しております!

彼のように、未経験だけど自分の技術をエンジニアとして生かしたい、成長できる環境で自分のスキルを伸ばしたいと考えている求職者のみなさん、ぜひ一度i-Vinciを訪ねてみてください。

取材日:2017年6月20日
i-Vinci(写真)
i-Vinci代表取締役社長の川下さん。採用のことだけでなく、同社の今後の展望や社員に対する思いまで広く語っていただきました。
i-Vinci(写真)
自身もエンジニア出身の川下さん。「過去に一度、開発の仕事から離れた時期もあったんですが、ものづくりが好きで戻ってきました」
i-Vinci(写真)
入社後の研修も含め、社員の技術向上には特に力を入れているという。「本気でスキルを身につけたい人はできる限り支援します。それは会社のためでもあると考えていますよ」
i-Vinci(写真)
お忙しい中、お時間をいただきありがとうございました!

株式会社i-Vinci
設立 2012年07月
社員数 21名(2016/10現在)
企業の特徴

「受託開発事業」及び「SES事業」を中心としたシステム開発事業を展開している株式会社i-Vinci。SES事業では取引企業やユーザから高い評価を受けており、引き続き多くの要員要請があります。また、受託開発事業も、受注・依頼案件が増えるなど順調に成長。これらの実績をもとに、今後は企業として更なる拡大を目指しています。

川下社長自身もSEとして長い経験の持ち主。そんな川下社長の「SEが長く幸せに活躍できる場を作りたい」という想いに基づき設立されたi-Vinciでは、案件数の確保とエンジニアの技術力向上を目指し、人財採用や技術育成をしています。現在の社員には、入社前まで独学でプログラムを学んでいた方や、実務経験のない人も。彼らにも可能な限りエンジニアの経験スキル、志向性に応じた業務を与え、各自のキャリア形成をしっかりサポートする体制を整えています。


EN:TRYリンク

ページの先頭へ戻る