paizaで転職された方の声

転職できた秘けつはpaizaと地道なPDCA 未経験からWeb開発者に挑戦

paiza interview 転職できた秘けつはpaizaと地道なPDCA 未経験からWeb開発者に挑戦 山川竜太郎さん

今回は、人事・マーケティング分野において独自性の高いサービスを提供し急成長を遂げている株式会社シーベースさんにお伺いしました。 お話を聞いたのは、業界未経験ながらpaizaを通して転職を果たした山川竜太郎さん(26歳)と、エンジニア職の面接を担当されているプロダクト開発グループシニアマネージャーの田中巳義さん。応募者の立場、そして採用側の目線から、それぞれの未経験転職のポイントを伺いました。 シーベースに入社する前は、事務職へのキャリアチェンジを模索したこともあった山川さん。そんな彼がWeb開発未経験ながら内定を勝ち取れた理由とは?

※田中さんへのインタビュー(後半)は こちら から。

※株式会社シーベースの求人情報は こちら から。(ログイン時のみ)

【転職者 プロダクト開発グループ システムエンジニア:山川竜太郎さん】

できる仕事の限界を感じたSIer時代

――今回、未経験での転職でしたが、転職するまでのご経験はどのようなものでしたか?

大学では文系だったのですが、ゼミが統計学だったのでプログラミングも少し勉強していました。そしてその経験をいかしてIT業界で仕事をしたいと思い、SIerに入社しました。配属されたのは印刷系のプロジェクトで、主にCOBOLを使用していました。

――転職活動をしようと思った理由を教えてください。

実は、退職の意志を固めた際には、転職の準備は全然していませんでした。というのは、僕は4歳の頃からピアノを勉強していて、それをもっと深く勉強したい気持ちがありました。しかしプログラムもすごく好きで、音楽の道に進むかエンジニアとして転職するか気持ちが揺れていたのです。そしてよく考えた結果、「音楽は1人でも、趣味でもできる。しかし、プログラムは仕事としてやらなければ成長できない」と判断して、エンジニアへの道を決めました。

――それから転職活動を始めたのですね。paizaを知ったきっかけを教えていただけますか?

最も大きな理由は、開発スタイルがガチガチのウォーターフォールだったので、今のアジャイルのような細かい改善ができず、後からソースコードの不備に気がついてもなかなか修正できないのがストレスになっていたのです。

その会社で3年間勤めましたが、だんだんと「この会社でできる仕事には限界があるかもしれない」と思うようになり、転職活動を始めました。

転職してつかんだ「開かれた世界」

――転職活動についてのお話はのちほどお伺いします。まずは念願のWeb業界への転職おめでとうございます。現在の環境をどう感じていますか?

開発のスピード感と仕事への向き合い方が大きく違います。前職では上からの指示通りに正確にこなしていくことが求められました。しかし今の職場は、自分からアクションを起こし自分で細かくPDCAサイクルを回していくことが求められます。細かい改善がしたいときにすぐに実行できる土壌があるので、前職に比べるとすごく仕事がしやすくなりました。すごく透明感のある会社だと思いますし、やっと開かれた世界に来ることができた気がします(笑)。

――今はどのような業務を行っているのでしょうか?

弊社に 360度評価(上司・同僚・部下など仕事上で関連する複数の評価者によって、対象者を多面的に評価する手法)のオンラインツール「スマレビ」という製品があります。私はそれをお客様ごとにカスタマイズする業務を行っています。営業と一緒に要件を詰め、技術的・納期的に実現可能かどうか見積りを出し、実装までを担当しています。

――将来のキャリアプランはどのように考えていますか?

まだ入社して日が浅いのでぼんやりとしたイメージですが、フルスタックエンジニアを目指しています。メインは今の自分の業務であるサーバーサイドでキャリアを積みつつ、ある程度インフラの知識も取り入れていきたいと思っています。

未経験からの転職。突破のカギは徹底したPDCA

――ここからは今回の転職活動についてお伺いします。未経験からの転職のために、どのような対策や勉強をされましたか?

実は、大学で会計学を勉強していたこともあり、初めは経理を目指して転職活動をしていたんです。そのときは苦労しましたね。転職は厳しいなと感じていました。未経験でしたし、志望動機もぼんやりとしか言えずうまくいかなかったんです。

その後はっきりとWeb業界に行きたいと思い、本格的に勉強を始めました。まずはプログラミングブートキャンプに参加しましたね。そこでPHPなどのフロンドサイドの勉強をして、一通りカリキュラムを終えてから転職活動を始めました。卒業制作でサイトを作るので、きちんと勉強の成果をアウトプットできたことが転職時の評価につながったのではないかと思っています。

――今回、paizaを使っていただいての転職となりました。実際に使ってみた感想を教えてください。

コードを書いて評価してもらえる転職サイトっていいなと思いました。自分にスキルがあれば書類選考なしになるシステムは心強かったですね。

スキルチェックは最初はけっこう難しかったです。ただ、アルゴリズム的なものを求められていて、そういうことを考えるのは得意だったので、クイズを解いているようで楽しかったですね。それを続けるうちにスキルがついていったと思います。最初に解いた問題と何問かあとに解いた問題を比べると、明らかにコードの質がよくなってきているのが分かりました。

スキルがあればいきなり面接に進めるので、転職のナレッジが全くなかった私にとって場数が踏めてとても良かったです。面接では「勉強会に参加したほうがいい」などのアドバイスをいただきましたし、「コーディングで気をつけているところ」を質問されて意識しはじめましたね。面接のたびに自分でフィードバックし、わからない部分は次までに調べる、というPDCAサイクルを回していけました。

―――お話を伺っていると、業務でも面接でも常にPDCAを意識しているように感じます。

おそらく「改善しながら技術向上を目指す」のはもう昔からの癖になっているんです。そのきっかけは、高校生の時に部活でやっていた吹奏楽でした。トロンボーンを担当していたんですが、楽器の練習って反復練習なんですよね。さらに、毎回コーチに見てはもらえるわけではないので、自分の演奏のどこが悪かったのかを未熟なりに見つけて次にいい演奏ができるように練習していました。

そこからは「自分なりにやり方を探す」のがもう性分になっています。現在の環境もすごく自分の性格に合っているように思います。

未経験からの転職を目指す人へのアドバイス

――最後に、山川さんと同じように未経験業界への転職に挑戦している方に向けて、アドバイスをお願いします。

自分が何をやりたいのかが明確化できたのが転職の成功につながったと思います。やりたいことが明確になると、面談でもはっきりと受け答えできるようになります。

私の場合は「自社製品、または自社サービスを持っている会社」が最優先で、そこにコミットして自分も成長できる会社を探していましたから、はっきりと受け答えができたのだと思います。今「やりたいことが明確じゃない」人も、焦らず探し続けていれば、自分の進みたい道がきっと見えてくると思います。

――ありがとうございました。

株式会社シーベースの求人

シーベース(写真)
田中巳義さん(後列左)
株式会社シーベースプロダクト開発グループシニアマネージャー。エンジニア職の面接を担当。田中さんへのインタビューは こちらから。
山川竜太郎さん(前列中央)
株式会社シーベースプロダクト開発グループシステムエンジニア。転職時のpaizaスキルランクはC。
シーベース(写真)
前職はSIerでCOBOLを使用していた山川さん。「技術的な情報がほとんどなく、情報感度が鈍っていく感覚があった」という。
シーベース(写真)
今の会社は「誰に対してもフェアな意見が言える」。上長にも積極的に意見や提案ができる環境だそう。
シーベース(写真)
前職はスーツで働いていたそう。「仕事が終わってからWeb系の会社の面接に行くと、みんな私服なのですごく浮いてましたね」
シーベース(写真)
「Web開発は作ったものをすぐ見てもらえるのがいいですね」と充実した表情で語る山川さん。これからもがんばってください!
EN:TRYリンク

paiza interview  転職できた秘けつはpaizaと地道なPDCA 未経験からWeb開発者に挑戦 山川竜太郎さん

一方、採用側は山川さんをどのように評価して採用したのでしょうか。そして、採用の際にどういうところを見ているのでしょうか。

実際に面接した田中さんにお話を伺いました。

【採用側 プロダクト開発グループ シニアマネージャー:田中巳義さん】

書類選考は重視していない

――面接をご担当されていて、paizaについてどんな印象をお持ちですか?

paizaさんはすばらしい媒体だと思っています。エンジニアに強いと言われる採用サービスを3つほど使っていますが、一番勝率がいいですね。

何よりも、スキルが最初から見えるのがすばらしいです。paizaさんからの応募者はスキルランクがあり、実際に書いたコードも見ることができるので、技術的な質問を根掘り葉掘りしなくて済みます。技術テストなどを行う時間を減らしてそれ以外の部分の質疑応答に時間をかけられるのは非常にありがたいです。入社前にはお互いにできるだけ不透明な部分はなくしていきたいと思っているので。

山川以外のpaizaさん経由で入社した方もしっかりしていますね。クライアントからの評価も高いですよ。

――ありがとうございます。スキルで評価し書類選考なしというpaiza特有のシステムはどう感じていますか?

私は書類選考をあまり重視していないので気になりませんね。採用にあたっては、学歴や経歴、現状のスキルだけが全てではないと思って面談をしています。

アウトプットできていることを評価した

――山川さんの面接について伺います。実際に面接してみて、どういう点を評価されましたか?

実際に動いて行動し、それをアウトプットできているというのは大きな評価ポイントになりましたね。ブートキャンプに限ったことではないのですが、「自ら考えて行動していけるかどうか」は採用で最重要視しているポイントです。

――御社での第二新卒を含む若手の採用ポイントを教えてください。

若手の人は、基本的にはポテンシャルです。今は技術が未熟でも、向上していく気があるかどうか。 また、これは若手に限らないのですが、当社が行っているビジネスとマッチしているかは非常に大事です。具体的に言うと、弊社はBtoBの製品を作っている会社なので、お客さまのニーズをキャッチしたりご要望を組み上げていく能力が必要不可欠です。お客さまと接すること自体を嫌がらない、サービス志向のあるエンジニアを求めています。

山川も、もうしばらくすればクライアント先に同行して、お客さまの開発手法に合わせて要件定義を行ってもらいます。過去にそのような経験がないにしても、近い将来に嫌がらずにやれるか。これは若手・ベテラン問わず求められる能力です。

プロダクトの360度評価システムは社内でも使用

――次に、御社について伺います。まず、事業内容について教えてください。

プロダクトとしては2つです。企業内外のサーベイをしていくサービスを提供しています。社外向けは顧客満足度などのアンケートの仕組みを作っています。社内向けでは、従業員満足度や360度評価など、社内で働いている方々を可視化することによって、より企業様が活性化するようにお手伝いさせていただいています。

今後は、人事のところよりもマーケティング領域のCSのところを注力していきます。お客様が会員情報を担保していくような仕組みをより一層強化し、システムも増築していきます。

――山川さんが担当している360度評価システムは、御社内の評価制度としても使用されているのですか?

もちろんです。実際にやってみると、自分と周囲のギャップが明確に見えて、業務や行動の参考になりますよ。従業員同士の会話が増えるきっかけにもなります。 評価入力はオンライン上で完結するので手軽にできて長い時間もかかりません。

――社内はどのような雰囲気なのでしょうか?

わりと皆、黙々と働いています。仲はいいんですけどね(笑)。はっちゃけた感じではないですね。物静かな人が多いかもしれません。

――御社の魅力を、山川さんは「透明感」と話していました。どういう意味だと思いますか?

親会社の影響もあり、弊社には「行動ガイドライン」があります。「どこでも活躍できる人材になる」とか「主体性を持って働く」など、考え方や行動の理念を示したものです。入社時にはすべて説明し、これに基づいて目標設定をしてもらいます。エンジニアは月に1回振り返りがあり、その進捗具合を聞いたり必要に応じて面談をしたりします。それに基づいた行動が「透明感」と表現されているのかな、と思います。嬉しいことですね。

面接は「選ばれるため」ではなく「選ぶため」の場

――最後に、転職やキャリアで悩んでいる人に対して、何かメッセージをお願いします。

面接というと、「選ばれるために取り繕う」方が非常に多いです。が、多くの採用担当者がそうであるように、私もそういう人はまず採用しません。 「選ばれるため」ではなく、自分で主体性を持って面接に臨めるかが大事だと思います。その上で、自分で職場を選びに行くポイントは、その会社が「チャレンジできる環境かどうか」じゃないでしょうか。目標が技術向上にしろ、お金を稼ぐことにしろ、自分が掲げた目標に向かってどのくらいチャレンジが可能な環境で働くことができれば、社会人として一回り大きくなれると思います。

山川さんと田中さん、ありがとうございました。

フレッシュで生き生きと話す山川さんと物腰柔らかで穏やかな笑顔が印象的な田中さん。2人の和やかな雰囲気は、そのままシーベースという会社の雰囲気のように感じました。人事・評価システムで急成長を遂げているシーベースさんは、これからも人材を育みながら、従業員ともに事業を成長させていくのでしょう。今後のシーベースさんと山川さんのさらなるご活躍を期待しています。

取材日:2017年1月23日
シーベース(写真)
採用を担当された田中巳義さん。面接で見ているポイントとは?
シーベース(写真)
「単にプログラミングをするだけではなくて、それを仕事としてやっていきたい理由は何か」を面接でよく聞いているそう。
シーベース(写真)
360度評価を行うことで「お互いが相手をどう思っているかフィードバックをする機会ができ、これまで話していなかったことが話せるようになった」そう。
シーベース(写真)
社内のメンバーは「いい言い方をすると誠実な方が多い。静かですね」。とても落ち着いたオフィスでした。

株式会社シーベース
設立 2000年06月29日
社員数 42名(2016/04現在)
企業の特徴

◆人事とマーケティング領域の製品で急成長!
株式会社シーベースは2000年に設立。Web調査・アンケートシステムASP「WebResearch」、 360度評価・多面評価システムASP「スマレビ」、人事〜マーケティング領域で独自システム製品をASPで提供しています。 いずれの製品も大手企業を中心に導入され、ニーズに応えています。

◆エン・ジャパン子会社◎安定の運営基盤
弊社は2013年にエン・ジャパン株式会社の子会社化しました。従来から大手企業を中心としたサービス展開をし、 高いリピート率を維持、安定的に成長してきました。現在社内体制も強化され、これまで以上にユーザーに向き合う体制が整いました。今後もユーザービリティの高いサービスと、グル―プ力を最大限に生かした事業展開をしていきます。


EN:TRYリンク

ページの先頭へ戻る